STINGER3にi2iを設置してみたよ

      2016/07/08

a0002_009635

開設したばかりのブログに設置してもなぁ~と思うけど、とりあえずグーグルはわからないのでi2iのアクセス解析を設置してみた、おっちゃんにはこっちのほうが気が楽なのさ。

i2iのサイトはこちらね、適当にアカウント作ってやってみて。

おっちゃんはアカウントが有り、すでに数個のサイトで使っているから話を先に進めるのだ。

ワードプレスSTINGER3にi2iのアクセス解析をいれる方法

アカウントがあれば簡単

i2i.1

上の画像のようにi2iの管理画面に入ると、今解析しているサイトの一覧が真ん中にあるね、ズラ~ッと下のほうまであるんだけど、見せません、でね、右上当たりに赤い枠がある「新規パーツ作成」これをクリック。

i2i.2

クリックすると「パーツ名」を入れる、ここはメンドクサイので「ブログ名」を入れるとわかりやすいです。

i2i.3

パーツ名を入れて実行をクリックすると上記の画像になります、ここは「実行」をクリック。

i2i.4

i2iはまどろっこしいと言うか、いちいちメンドクサイと言うか確認作業が多すぎると思うけど、上の赤枠をクリックして先に進む。

i2i.5

ここからはサイトの情報を入れていく、ブログサイトならチェックでいいんじゃない?終わったら「次へ」をクリック。

i2i.6

どんなジャンルなのかを選択してチェック入れて先へ進む。

i2i.7

サイト名とURLを入れて「次へ」をクリックする。

i2i.8

また確認で面倒だけど「登録」をクリック。

i2i.9

またまたまた、メンドクサイけど「完了」をクリックする。

i2i.10

ようやくタグが出てきました。

全部コピーしましょう、ここまではi2iでのお仕事です。

フッター(footer.php)をイジル

いつものことだけど、バックアップは取れる状態でね。
ワードプレス→外観→テーマ編集→フッター(footer.php)

i2i.11

フッター(footer.php)が出たら、スクロールで一番下まで行く。

i2i.12

フッター(footer.php)、スクロールで最後まで下げる、最後の</body>の前にi2iのアクセス解析のタグを貼り付ける。

これで終わりです。

更新して、ブログを見ると斜めの白い線がブログの上の端に出てきます。

i2iの画面はこんな感じです

i2i.13

設定が終わったら、ブログ名をクリックすれば、何人来たのか?とかどうなってんだ?とか見れるようになります。

自分のIPは除外しておいたほうが良いですよ

 - STINGER3カスタマイズ ,