単焦点レンズが好きズームレンズは優等生過ぎ

      2018/11/26

単焦点レンズが楽しい

さてズームレンズが優等生過ぎて面白味が無い感覚ってわかるかな~と、思いつつ書くわけでして、そこを説明出来ないと意味がわからない。

おっちゃんアホやからな~なんでズームレンズが面白くないのかを、説明出来れば良いんだけど意味不明でも怒らないでねw

ズームしないと言う縛りが楽しいから単焦点レンズが面白い

ズームレンズは優等生

タムロン望遠レンズ18-200mm F3.5-6.3 DiIII VCを購入で、ようやく望遠レンズと言うものを購入してみた。

んで「ひたち海浜公園」で早速使ってみたわけですよ。

ところが「α6000持って写真撮影」横浜方面へブラリしてきたが「違和感」有りでも書いている通り。

あまり風景とかが好きじゃないらしく、わざわざ遠くの物を撮影したい気分にはなれなくて撮影したとしてもまぁそこまで思い入れみたいなものが無くて、ただパシャパシャと撮影しているだけなんです。

そんでこの望遠ですわ、素敵なぐらい遠くの物が撮影出来る、これは凄いですねまさしく技術なんでしょうね。

釣りに例えると最近の最新リールとかも同じで、より軽く遠くへルアーを飛ばすことが出来きなおかつバックラッシュしにくいように作られているわけ。

少々不慣れな人が使っても問題が起きないようになっているのと同じなわけですよ。

難癖ある性格

これは性格もあるんですよね、スマートにカメラを楽しめる人には全く問題の無いことなんだ。

単焦点レンズってのはズーム機能が無く、広く撮りたいなら自分が下がるとか全てがアナログと言うか縛りと言うかそんな感じなわけですよ。

このアナログや縛りの部分が楽しいわけです。

言い換えればスマートに仕事の出来ないレンズなんだけど、使い方によっては自分好みの最高な写真が撮れるみたいな感じ。

逆に望遠ズームレンズはなんでもござれ。

適度に良い塩梅で、お好きな写真が撮れるように私が動きまっせ~、なんなら月とか遠くのカワセミとか撮影しまっか?

と主張しているような感じ。

これはいかん・・・俺の性格に合わないわけですよ。

なんだろう、出来の悪い子が可愛いみたいな感じかな?わかんね~だろうなw

あえてメンドクサイを楽しむ単焦点レンズ

バス釣りの世界を例にしてみるか、バスと言う魚がいる湖にルアーを投げる。

湖の底にいるバスを釣るならもっとも簡単な方法はワームを使って底を探るべきで、わざわざ水面でしか操れないルアーを使う必要がないわけです。

ところがですよ、この水面でしか操れないルアーだけを使ってバス釣りを楽しむ、お馬鹿さんが世の中には沢山いるんですよ(俺ねw)

純粋にバスを釣りたいだけならワームを使えば良いのに、わざわざ水面のルアーを使う辺りが「単焦点レンズが面白い」に似ていると思うわけです。

だって~自分が下がったり進んだりしなくても、レンズを望遠にしてクルクル回せばより遠くの物が大きく撮れるんだから楽でしょう。

ってこの「楽」なのが面白くないんですよね。

あえてメンドクサイ部分を取り込んで、撮影するのが楽しいわけでして、普通の人には理解出来ないかもしれませんw

望遠ズームレンズをどう使うか?

さてさて買った望遠レンズに、面白味が無いからといって手放すわけにはいきません。

風景を撮影したりはあまりしませんが、活躍する場面ってのはあるわけです。

それが運動会であったりするので売り飛ばしません。

運動会での撮影はパパのお仕事なわけです。

ここに楽しいとかの感情はいらず、ただひたすら子供達の頑張りを記録に残すためにも必要なんです。

なので買って後悔はありませんが、出番がかなり少なくなったのは言うまでもございませんな。

おっチャン的適当なマトメ

出来の悪い子供が可愛いのと同じで、レンズもメンドクサイとかそういう部分があって楽しいですね。

思い通りにならないのがあえて楽しいわけです。

もちろん「あ~望遠があれば~」なんて事もあろうかと思いますが悔いは無いでしょう。

次は出来ればマクロレンズが欲しいと考えております。

 - カメラ