40肩になって気絶するぐらい悶絶する痛みの瞬間ベスト5

      2016/01/14

40肩の痛み
40肩になり3ヶ月、日々時間があれば整骨院へ行き電気治療で筋肉にピクピクと刺激を与え血流を良くするために伺っていますが痛み自体は全く変わりません。

強烈に痛くなる時期は過ぎ、現在は痛みが続く期間なんだと自分に言い聞かせそのうちこの痛みは無くなると思いながら日々大人しくしているわけですが最近悶絶して気絶するんじゃないかと思うぐらい痛いシーンがわかってきたので自分の記録として書いておく。

また当記事は想像力の無い方はお断りしておりますので閉じてくださいw

他参考記事として肩が痛くて寝返りさえ苦痛になり腕が抜けそうな違和感を書いております

他参考記事として痛みを解消する方法は無い40肩50肩になってわかった事

痛みは我慢出来ません泣いて収まるならいつでも泣きます

悶絶第5位、シャンプーしたり体を洗う時

左の肩が痛くてそのまま肘も痛いわけで、曲げることは出来ても上に万歳が出来ない状態。

シャンプーのときって頭を下げて髪の毛を洗うじゃないですか、あの姿勢は痛くないんです。

その代わり体を洗ったりはかなりしんどいわけです、気を抜いて右の脇下とかに手を伸ばして洗おうとするとピキィーンと言う感じで風呂場で悶絶する・・・

めちゃくちゃ悲しい。

悶絶第4位、バスタオルで体を拭くとき

右手は右肩の上でバスタオルを持ち、左手は左わき腹の下あたりでバスタオルを持とうとしたらピキィーンって肘辺りが悲鳴をあげます。

この時の左腕、肘部分が微妙に捻れるからかもしれません・・

もちろんこの姿勢は背中を拭く、背中をタオルで洗う時におこなう姿勢なんだけど、現在は諦めて洗わない、拭くのは嫁さんにお願いして要介護状態になっております。

ところが人間って不思議で痛いの忘れていつもの癖で自分でやろうとしますから困ったもんですw

悶絶第3位、気を抜いている時にドアやちょっとした出っ張りに当たった時

ボケーとしながらドアに左肩がコツンと当たる、(コツン)程度です。

ぶつけた痛みじゃなく、肩が前へ行こうとしているのに腕自体は前へ行かない姿勢に悶絶するのです。

わかりますかね・・・この姿勢って寝てるときも同じなんですよ

ドアや壁、タンスや本棚は40肩の敵ですw

悶絶第2位、夜中に寝返りした時

上のドアに当たった時と同じ状態が、寝ている時です、仰向けで寝ると肩より腕が下に下がるのでとても痛い、もちろん無意識に横になって寝るんですが、夜中、明け方と時間に関係無く寝返りをうちます・・

人間なんだし寝相が元々悪いのでグルングルンと・・で、真っ暗な中一人飛び起きて悶絶する日々です。

40肩になって以来朝までグッスリな時間なんてありません。

強烈な痛みで悶絶第1位、犬の散歩中

さて、想像出来るかな~、散歩中に犬はウ○チしたりするじゃないですか、掃除したり袋に入れて持ち帰りますよね?

その時に痛くない手から痛い手にリードを持ち替えます、そうしないとキレイに取れないので仕方なく持ち替えます。

そのリードを持ち替えた瞬間に犬がダッシュした時、信じられないぐらいの痛みと強烈な悶絶で大人の男が立っていられないぐらいの衝撃がやってくるんですよ、マジで!

肩を押さえたままうずくまる中年おやじ・・・そりゃーね泣いて痛みが取れるならいつでも泣きますよってぐらい痛いです。

マジで気絶するかと思うぐらい痛いです。

おっチャン的悲痛な叫び

あと半年もしたら良い思い出になるかな~出きれば夏までに治ってほしいな~

そろそろ普通に生活したいです><

40肩にならないように運動していない人は腕をグルグル回したりしておいたほうが良いですよ・・・

 - 40肩50肩 , , ,