SEL30M35ソニーEマウントのマクロレンズ

      2018/11/26

SEL30M35

カメラ系のお買い物ではズームレンズより先に欲しかったマクロレンズ。

50mm単焦点レンズの次には欲しかったんですよね。

ここに来て欲しい病が再発してしまいました・・・

元々風景を撮るのはあまり好きでは無く、人間が入らないとつまらないのですが、物を撮影することが多いのでどうしてもマクロが欲しくなりました。

スナップからマクロな世界までをカバーするSEL30M35は最後のレンズか?

最後とは最後のレンズ

と言うことで現在は、SEL30M35と言うソニーのレンズを購入しようかと思っとります。

それほど熱心なカメラ馬鹿では無いので、好きなように好きなアングルでそれなりに、上手にキレイに撮影できれば満足なんです。

なので色々なレンズがあるわけですが、それほどの物欲もなく、高価な素晴らしいレンズについては欲しいとは思うけどそれほどでも無いわけで今回実売価格で2万円ぐらいのレンズだから欲しくなったんです。

で、レンズの欲しい候補と言うのはこのレンズが一応最後になるんです。

アマゾンの欲しい物リストを今見ても、レンズに関してはこのレンズだけで終了と言うことです。

SEL50F18には無い世界を見てみたい

最近になって風景の撮影は相変わらず好きではないんですが、水滴とかそういう写真に惹かれておるわけですわ。

葉っぱに乗っかる雨後の水滴ね。

水滴

とてもキレイで見ているだけで心が癒されて、自分でも撮影してみてぇ~病にかかっているわけでしてどうしても欲しくなりました。

50mm F1.8 SEL50F18単焦点レンズは一番好きなレンズで毎回つけております。

マクロレンズってどんなやねんと言う気持ちが強いです。

それでいて普通にスナップ写真も撮れるというから、もしかしたらSEL50F18より好きなレンズになる可能性があるかもしれません。

SEL30M35を購入する前の魅力(想像)

安価なことである、安いは正義ですよ、貧乏で趣味にしている道具の場合には安さと言うのは魅力的なわけでしてこれは言うまでもない。

実売価格で20000円ぐらいしかしない。

軽い、本体がめちゃ軽いです50ミリの上のレンズで202グラム、ズームレンズなんてクソ重くて460グラムでカメラ本体より重いです、おかげで肩が痛い。

でこのマクロレンズはというと138グラムと超軽量なわけ。

これでマクロからスナップまでをカバー出来るなら、持ち歩くには超便利なレンズになると言うわけです。

ただ・・色がシルバーしか無いのが残念なところでもあるけどね。

テーブルの上に乗る物の撮影が楽になる、これは言うまでもありません、その為に購入するのですからw

めちゃくちゃ寄れる、最短撮影距離が0.095って書いてあるので約1センチまで近寄れる・・・が果たしてそんなんで写真撮れるのかはわかりません。

いずれにせよ欲しいレンズとしてはこのマクロレンズが恐らく最後だろうと思っています。

まぁ今のところはねと言うことで適当にいきます。

おっチャン的適当なマトメ

カメラのレンズって欲しいと思い出したらキリが無いです。

たいして腕前も良く無いのは自分が一番わかってて、コンデジよりもキレイに写ればそれでええよ的な感じです。

それでも欲しいと思うレンズだけは購入しておこうかと・・・おっさんの独り言ですな。

 - カメラ