「ペティオのソリーダ」猫用キャリーバック購入レビューと口コミ

      2018/11/25

我が家は初詣の為に深夜に家を出て、その後は房総半島で日の出を見て実家に入る予定です。

そんなわけで家族でもあるワンコやネコも一緒に車でお出かけします。

ワンコはケージが嫌いで嫌いで車の中では放し飼いになりますが、猫の場合そういうわけにはいかないので夏まではプラスチックの入れ物を使っていました。

今は亡き先住猫のぺッタンも使っていた移動時のケージですね。

ただ、とても硬いですし抱える奥さんも硬くて大きいので、新しくキャリーケースを購入してみました。

ペティオのソリーダ軽くて折りたためて安価な猫用キャリーバック

組み立ては簡単3ステップで完了

ペティオのソリーダー

 

購入したのはペティオのソリーダです楽天でも、アマゾンでもだいたい3000円ぐらいで買えます。

組み立ては上の図のとおりで3ステップで完了してとても簡単。

プラスチックの箱

↑これが以前まで使ってたやつですが大きさ的には大きくて良いんですがさすがに硬いですね。

それに猫は狭いところ・・・暗いところが好きなのでこのような明るいものは好みません。

収納時の大きさ横幅

収納時は幅50センチぐらいですね厚みもほとんどないです。

収納時の縦

組み立て実行

組み立ては取っ手を外すしてから

組み立てはまず↑上の取っ手部分を外します(マジックテープ)

ファスナーをグルッと外す

↑ファスナーが出てくるのでこれをグルッと一周して完全に二つにしちゃいます。

中に部屋になる部分が収納されている

中からショルダーのベルトやら、部屋になる部分やらクッションが出てくるので部屋を形にしましょう。

組みあがり

とは言っても組み立てはただファスナーを繋ぐだけなので勝手に部屋になってしまいます。

ここまでおよそ1分ぐらいです。

部屋の中にクッションを入れる

部屋の中にクッションを入れてやわらかくしてあげる・・・このままでは寒いので毛布も入れてあげる。

それにクッションはそれほどやわらかいとは思えない気休め程度です。

ショルダーを着けたら出来上がり

部屋の上部分にショルダーベルトを引っ掛ける金具がついているので装着したら終わり。

お気に入りになりました

猫に見せてあげると自分から入っていき、すぐにお気に入りの場所になったのは言うまでもありません。

網もファスナーです

出入り口の網もファスナーで簡単に開け閉めが出来ます。

組み立て簡単、邪魔なら折り畳み収納、軽い、膝に載せても安心できる。

購入して良かったケースです。

さて実家でお節食べて食っちゃ寝してダラダラしよう。

それでは!

 - ガジェットや購入レビュー ,