背景ボケ写真を美しく撮るコツを読んだのでα6000で実践

      2016/01/14

F値を絞って背景ボケ

ありがたいことにカメラ初心者向けにめちゃくちゃわかりやすい言葉と写真入りで丁寧に説明された記事があった。

コヤマログのコヤマさん「カメラ初心者必見!一眼レフカメラやミラーレスカメラで背景ボケ写真をきれいに撮るコツ4つ

まとめると以下のような感じでキレイな背景のボケた写真が撮れますよってことですね。

絞り優先モード(AとかAv)に合わせてF値を一番小さくする
背景の距離を離す
被写体に近づく
望遠側で撮影

背景ボケがキレイに撮れるのかを自分のカメラで実践してみた

使用カメラとレンズ

使ったカメラは「ミラーレス一眼SONYα6000を買いました

使ったレンズは「カメラ素人が50mm F1.8 SEL50F18単焦点レンズを買ってみた

カメラのお勉強目次

絞り優先モードでF値を小さくする・・・わからんわっ

被写界深度とF値をあわせて覚える・・覚えられるかっ!

背景ボケ写真を撮るコツを読んだので自分のカメラで実践←今ココ

背景ボケがキレイに撮れるようにビンを離して撮影

使ったカメラは最近買ったソニーミラーレスα6000です、このカメラに50ミリの単焦点レンズの組み合わせ。

20141026165321

またテーブルの上にガラスのビンを置いて撮影してみる。

手前と奥の距離は少し離して撮影。

20141026165339

最初はF1.8にしてみた。

20141026165329

キレイに背景がボケとるな~って感じ(好きな感じ)

20141026165414

続いていっきにF4.0まで上げて撮影。

20141026165459

やっぱりピントが合い始めてきた。

20141026165547

続いてF10まで上げてみたよ

20141026165612

さらにピントが合ってる、青いゴムの入ったビンとその他の色のゴムが入ったビンの距離が遠いから完全に合わないわけだ。

このビンをめちゃ近くして撮影したらピントが合うはず・・・って事で試してみた。

背景ボケが距離を短くすることでピントが合うのか実験してみた

20141026165611

青いゴムの入ったビンはそのままの位置で後ろのビンを全部前へ移動させて撮影。

20141026165708

↑上の画像がF1.8、ビンの距離を離したときと違うボケ方をしていると気がついた。

20141026165726

↑F4.0の写真、なるほどピントが合いはじめてきた。

20141026165755

↑F10の写真。ほぼ合ってきてる。

なるほどね~~、実際に自分で実験がてらに試してみると違いがわかりました。

あとは自分がどのボケ具合が好きなのかをわかっていれば良いわけですね。

自分好みの背景ボケを確認してみる

20141026165329

↑青ゴムから黄色ゴムまでの距離が遠い

20141026165708

↑青ゴムから黄色ゴムまでの距離が短い

上2枚のカメラ側の設定は同じ、F1.8で撮影しているけどガラスのビンを置く位置が違うわけだ。

上側の写真が青ゴムから黄色ゴムまでの距離が遠くて、下側の写真が青ゴムから黄色ゴムまでの距離が短い。

どっちのボケ具合が好きかを確認しておけばいいって話ですな。

おっちゃんは断然上のボケ具合が好き

となると自分の好きな背景ボケの写真を撮る時は出来る限る撮りたい物と背景には距離があったほうが良いと言うことですな。

とは言っても比べるから決められるだけの話w

それでも感覚としては覚えておきたいと思います。

今回も勉強になりました。

今回はカメラ位置を固定してやったけど、カメラ自体を前に動かせばこれまたキレイな背景ボケが出来ることもわかりました。

なんにしても早急に三脚が欲しくなったのは言うまでもありません。

おっチャン的適当なまとめ

人が書いたブログ記事はとってもためになるし勉強にもなるね。

ただ実践してそれが本当なのか?とか、自分が動いて実感しないといけないと思ったよ。

カメラを扱う環境とかカメラの機種もそれぞれ違うわけなので余計に実践したほうが良いと思った。

 - カメラ考察 , , , ,