LINEグループは仕事にも使える便利なメールだと気がついた

      2015/08/21

LINE

最近ようやくLINEを真面目に使おうかと思いアレコレやっとった。

LINEの写真添付や動画添付の方法もわかってきたし、スタンプの使い方もわかってきました。

今回はグループってなんだ?って事で作り方を若い衆に教えてもらい、自分で1から作ってみたら出来たので備忘録として書いておく。

関連記事lineで動画が送れない?撮影時間の長い動画を送信する簡単な方法

一斉にメール送信出来るのがラクチンなLINEグループの作り方

何に使うか目的を決める

あいつにメールして、こいつにもメールを・・ってのがメンドクサイから導入しようと思っただけの話。

もちろん仕事のメールなんだけどね、遊びで使うほど友人ってのはいないから仕事ですわっ。

そう、目的は「自分がラクに下の者に指示を出したいから」この一点の為にグループを知ったので使うおうと思った。

それともう一つ、社長もLINEグループに入れて「今どんな指示を出しているのか?」を知らしめる為でもある。

話に参加したきゃ~参加すれば良いし、そのまま静観していても良い、現状の把握ってやつですよ。

テスト用に小僧二人をグループに入れて作ってみる

グループを作るぞ

▲上の画像の右上の端にある赤枠をタップする。

グループを作成

▲上の画像に切り替わり「グループ作成」赤枠をタップする。

グループ名を考える

▲上の画像に切り替わり「グループ名」赤枠を入れる。

なんでも良いけど、わかりやすい名前を考える今回はテストなので「テスト」と入力したよ。

テストしてみる

グループ名が決まれば、「誰を招待するかを決める」メンバー欄の右端に緑色の「+」マークがあるのでタップして招待者を決める。

メンバーを選ぶ

▲上の画像、招待したいメンバーが見つかったら「チェックボックス」にチェックを入れる。

今回は2人だけを招待してテストしてみる。

もちろん2人には内緒で作成しているのでどう反応してくれるのかはわからないけどね。

メンバーの確認

グループ名「テスト」

招待者は2名、これでOKなら「保存」をタップすると自動的に招待者へその旨が届くようだ。

完成

▲上の画像、新しく「テスト」と言うグループが作られている。

あとは招待者が果たして参加してくれるのだろうか???

無視したら蹴り入れますからたぶん大丈夫でしょうww

数分後・・・・参加してきましたよ。

参加者が現れる

ここで何故、登録者名と、今回の参加表明で名前が違うのかがわかりません・・・

どういう事かと言うと、登録されている時の名前が「山本太郎」とした場合、今回の参加表明画面で「たろう」と言うニックネームで表示されているのが物凄く違和感があるのですが・・

謎ですが、進めます。

テスト投稿

最初に参加してくれた小僧には真意が伝わっているようで「テスト」しているだと認識しているようです。

ですが返信が言葉じゃなくスタンプだとは今風なのでしょうね。

この辺りまだウザク感じますが、なんとか使いこなしてまいりましょう。

[お知らせコーナー]
ブログを書いている人

ブログの更新情報をお届けします

follow us in feedlyfollow on RSSfollow on Twitterfollow on facebook

 - iphone・アプリ