ダレデキブログ

LINEで撮影時間の長い動画を送信する簡単な方法

      2016/03/16

過去記事のLINEの写真添付がすこぶる使いやすくて速かったで書いたけど今回は動画添付もラクだったと気が付きました。

但しとても短い動画だけならそのまま送信出来ます(時間にして1分ぐらいの動画の場合)が撮影時間が長い長時間動画の場合はどうすれば良いのだろう?

と言うことで今回はドロップボックス経由で相手に送信することが出来たのでその方法を書いておきます。

ほかの方法としてはユーチューブにアップロードする方法もありますが敷居が低いのはドロップボックスではないでしょうか?

長時間撮影動画をLINEで送信したいならドロップボックスかユーチューブ

1分程度の短い動画をLINEで送信する手順

サクッと動画をLINEで送りたいなら読んで試してみてください、ドロップボックスも無料で手に入るアプリなので安心してくださいね~。

①LINEのトークを開き送りたい相手を選ぶ▼

今回は奥さんに協力してもらいました、ってか奥さんいがいとはしないからな。

トーク画面

②送りたい相手が決まったら「+」ボタンをタップする▼

+ボタン

③「動画を選択」をタップする▼

「+」ボタンをタップすると以下のような画面になるので「動画を選択」をタップして選ぼう。

動画選択

④ビデオをタップする▼

ビデオ選択

⑤送りたい動画を選ぶ▼

1分までOK

▲上の画像で時間が表示されていますな、「1分を超えると添付できませんでした」容量がいくつかは知りませんw

「1分以内の動画なら送れるみたいです」ウソのようでホントの話、何度やってもダメだったので間違いないと思う。

追記として、1分超えても送れる動画がありました。

微妙に59秒の動画を選んで実践してみた。

⑥選択ボタンをクリックする▼

選択ボタン

⑦送る為の圧縮が始まります

圧縮始まる

送りたい動画を決めたら後は自動です。

圧縮さえ始まれば送ることが出来ると言うことですな。

⑧圧縮が終わると自動的に送ってくれます

埋め込んでます

少し待ちますがなんてことはありません(ネットに繋がっていればね)但し最近流行りの格安SIMのスマホで屋外ではやらないほうが良いですよ、通信量がどれぐらいなのかがわからないからです。

ここは気をつけましょ。

⑨送信完了しました

送信できた

さて送れたようなので後は奥様からの返事待ちです。

奥様確認

と言う感じで短い動画(1分ぐらいの)はそのまま送信できますが長いと送信すら出来ません。

長時間動画はドロップボックスを経由させてLINEにURLを送信する

まずはドロップボックスのアプリを入手しログインします。

Dropbox

Dropbox
開発元:Dropbox
無料
posted with アプリーチ

 

このアプリをとりあえず入手してログインします、そのやり方は以下の手順で進みますがとても簡単です。

ドロップボックス

上の画像がドロップボックスの初めての画面になるかと思います、まだ持っていない又はアカウントの無い人は「登録する(無料)」をタップしてアカウントを新規で作成してください。

持っている人はログインしましょう。

ドロップボックス作成画面

やることは至って簡単で氏名とメールアドレス、パスワード(任意)を設定してアカウントの作成をするだけです。

アカウントの設定が終われば早速送信したい動画を選んでアップロードしてみましょう。

実際に長時間動画をアップロードしてみよう

送信出来ない動画はドロップボックスを経由する

上の画像の左側のように通常だと3分の動画は送信できませんのでドロップボックスを経由させます。

ドロップボックスを開いたら(右側の画像の下部分)「+」ボタンをタップする。

ファイルアップロードから写真または動画をタップする

「ファイルをアップロード」をタップすると右側の画像にある「写真または動画」をタップして先に進む。

動画を選択して最後にアップロードをタップする

上の画像左側の一番上の3分超えの動画を選択すして左側画像の下にある「アップロード」をタップする。

ドロップボックスへアップロード完了

アップロードが開始されます、出来ればwifi環境下で行ったほうがすんなり行くと思います。

あとは動画の長さによっても時間はマチマチですから気をつけましょう。

上の画像の右側のようにアップロードが完了すると待機中などの文字が消え変更済みが出れば完了です。

LINEで長時間動画を実際に送信してみる

さてここからが本番です、ドロップボックスにアップロードした長時間の動画をLINEに送信します。

方法としては動画のURLをLINEに貼り付けるだけと言うとても単純で簡単な方法です。

ドロップボックスから動画を選択してリンクの生成を行う

上の画像のようにドロップボックスを開き、アップロードした長時間の動画を選択すると右側の写真のように表示されますので、赤い四角のマークをタップします。

リンクをコピーをタップすると生成されます

上の画像

左側の画像に窓が出てきましたのでこの部分の「リンクをコピー」をタップします。

画像右側のように「リンクを貼り付けできます」となれば完了ですので次はそのままLINEを開きましょう。

LINEを開いて送信したい相手にURLを貼り付けて完了です

動画を送信したい相手を選らんで動画のURLを貼り付け送信します。

これで相手は送信されたURLをタップして動画を閲覧することが可能です。

ためしに自分でタップしてみたところ上の画像の右側のように出てきたのでクロームブラウザをタップして動画が見れるのかを確認しました。

見れました

この通り、キチンと動画が動くことが確認出来たのでめでたし。

一応送信した相手はうちの奥さんなんですが見れた~と返事が来たのでOKです。

 - iphone・アプリ , , ,