撮りためたiphone画像や動画をPicasaストレージに預けて楽しむ

      2015/03/07

picasalogo

携帯でパチリ、スマホでパチリ、暇だと動画でワンコを追っかけまわして・・・

もうね簡単に撮影できるからって撮り過ぎなんだよってぐらい増えるのが写真と動画。

iphoneパンクしてない?

そこでさ、安易に撮り過ぎた動画や写真の整理を考えてみたわけ。

写真や動画って、その時々の一瞬を捉えているから安易に撮っても一応は思い出になるでしょ、だからつまんない写真でも大事にしてあげたい、心優しきおっちゃんの整理の仕方。

注意事項、クラウドサービスを使って写真を整理出来るのものはほかにもたくさんありますからね

参考記事 Flickrにパソコンから新規でアカウント登録してみたとかFlickrの写真をアルバム作成で整理するも同じで写真を預けることが出来ますのでお好みでどうぞ。

iphoneで撮った写真はPicasaに

概ね優秀で優しいです

picasa

あっ、ストレージって様々なデジタルデータを保存しておく倉庫のような場所の事ね。

でね、その倉庫にも色々あって、何処を選ぶかは各々が決める事なのでおっちゃんは何もオススメしません、勝手に選べ。

おっちゃんが決める基準は日本語、これ大事、日本語だって危ういのに英語なんて考えられんわ。

それと、Google Chromeを中心にしてGメールやドライブ、カレンダーを使ってグーグルに支配された生活を送っているわけ、ついでだから写真や動画もお世話になろうってだけの話。

一応ね、これでもさ、SugarSyncflickrも試してみたんだよ、だけどさおっちゃんには無理だった。

何故って、英語だったり、パスワードだったり面倒なのよ、Picasaなら常にログインしているから簡単だっただけの理由です。

ストレージサービスのメリット

沢山のCD-ROMやDVD-ROMから解放されてお部屋スッキリ
スマホの容量が格段に増えます
チョコチョコ撮った動画も写真も全部預けてしまうので無駄にならない
見たい時に、何処からでも見れる

ストレージサービスのデメリット

サービス終了で残念な事になるかもしれない
悪いやつにイタズラされちゃうかもしれない
お金がかかるかもしれない

でもね、グーグルに預けているわけですよ、そこで問題になったら「諦めるしかない」と想定の範囲を決める事も大事

それがいやならDVDに記憶して大事にしまっておく、外部HDDに溜めこんでおくとなりますね。

でも家が火事になったらどうすんの?

泥棒が持っていったらどうすんの?

家で保存しても100%安全なんてことは無いわけで、それはネットも同じ事、何かあったら諦める。

そういう想定をしておかないと写真の思いでなんて整理出来ないよ。

不安よりも日々の出し入れと閲覧を楽しむ

一度、撮影した写真をストレージサービスに預けてしまうといつでも何処でもネット回線さえ繋がれば閲覧が可能なので思い出話しに花が咲いたら写真をすぐに見る事が出来ますね。

実家に帰って、孫の成長を見せることも出来るし、アイフォンに余計な負担を掛けないで済むし、一石二鳥。

という事で現在Picasaに11331枚の写真と動画を保存してヒマになるとニンマリしながら昔の写真を眺めています。

マジで数えたの、計算機使ってね、いがいに多い事に気がついたよ。

ピカサ1

ピカサ画像1

奥さんが娘達の為に作った何気ないお弁当の写真も多数携帯のSDカードに入っていたので預けてあげました。

こうすることで、子供が大きくなった時にも何を食べてたのかがわかる事も良いんじゃないの?と思います。

あとは、子供が作る作品、父の日、母の日、作品展、普段のお絵かき、落書きなどは気がついたらパチリします。

そんで預ける、作品自体は自然消滅(ゴミ箱)しますが、画像で残っているわけですよ、狭い日本の住宅事情にとっても助かるサービスですね。

こういったサービス使ってみてはいかがでしょう?

 - インターネットの事 , ,