理想の庭にする為にはDIYを続ける努力が必要です今回は座れる花壇

      2016/01/14

花壇7

暖かいと全くやる気の出ないガーデニング、寒くなるとさ体が動き出すんだよね。

ってことで今回は、まだ半分残っている庭の花壇を作ろうと思って動きました。

どうせやるなら何か変わった物を作りたくなるのはDIYをやる人には理解出来るはず。

ネットの画像をかたっぱしから見ていく、なんとなく頭の中では「こんなの」ってのがあるんだけど、言葉で説明するより写真を見せたほうが早い(奥さんに見せる為)

夢見るDIYの完成形花壇を写真で確認する

丸い花壇

いいね、いいね、いいねぇ~~~~ってこんな大きなのはさすがに無理、場所ないし。

そもそも丸いのはメンドクサイから嫌いなので、四角いので座れるようにしたいと奥様に所望した所、乗り気になったのですぐに材料買い出し~。

ブロック4つと、レンガ12個と、コンクリと砂利を買って、とりあえず土台だけ作る事にしてみました。

まずは買ってきた材料を地面に並べて位置を確認すると共に雰囲気を見てみる。

下調べと言うか試し置き

花壇1

花壇2

たぶんだけど、雰囲気よさげな小さな可愛い花壇になりそうに感じるし、座ることも出来るので使い心地も良さそうが気がするのでこのまま作業を進める。

掘削の始まりだけど、これが大変なんですよ、荒れた荒野のように踏み固められた地面ってのはさ、ちょっとやそっとで掘れないのさ、70センチ×70センチで深さ10センチ掘るだけでも一苦労したよ。

掘削は疲れます

花壇3

荒れてるでしょ~、最悪な地面だよ・・・

昨年の庭造りで邪魔ばかりしていた娘達が今回は活躍してくれました。

なんと掘った土を全部どかしてくれましたから、助かるわ

花壇4

かたわらで奥様は好きなように小さいレンガで花壇を作っております。

さて、掘削が終了したら砂利を敷き整地します。

砂利で整地をしよう

花壇5

真ん中にレンガが3つありますね~、この部分は土のままにしたいのでレンガで封鎖しているだけです。

このレンガの周りにブロックを置いて土台をつくっていきます。

ブロックには鉄筋を入れる

花壇6

写真を撮りわすれて、すでにブロックの基礎は完成ですw

ちゃんと鉄筋棒も入っているので簡単には倒れません。

あとは、ブロックの周りをレンガで埋める・・・積み上げて行けばそれなりには見えるでしょう。

モルタルとの戦いに備える

花壇7

最初の一段目のレンガを設置して今日は終了しました。

あとは、モルタルをひたすら作ってレンガを積み上げていくだけで形にはなります。

座る部分はたぶんだけど木材でつくる予定。

すっかり腰が痛くなりましたがやっぱりDIYっておもしろいなと思うよ。

この続きはいつかまたって事でよろしくです。

その他のガーデンニングやDIYの記事はこちらからどうぞ▼

 - ガーデニングとDIY ,