子供と一緒に作業するタイルデッキ作り完成でーす

      2016/01/14

子供も一緒に作業するタイルデッキ作り」の続き記事です。

完成直後

沢山のタイルを貼るためにかなり腰を犠牲にしました、手間が掛かるのでタイルは大きいほうが絶対に楽ですから覚えておこう。

このブログではタイルデッキ製作の流れを写真を使って書いているだけです

必要な道具、使った道具、道具の値段、部材については書いておりません。

何故なら素人さんがやるには少しハードルが高くて、あまりおススメしないからですw

それでもやりたい人だったらたぶん自分で調べることでしょう。

ホームセンターに行って聞くのが一番の近道ですよ~、おっちゃんもそうしたからね。

タイルデッキ製作後半は、面倒な部分が終わりタイルが足りません

タイルが足りないです

終盤になり、タイルが足りないことがわかりました、まぁ最初から足りないのは計算で出ていましたけど・・

だから足りない部分は家側の窓の下にもってきています。

この部分は縁側を製作して設置しちゃえば見えなくなるのでOKです、セメントで埋めちゃいます。

足りない部分はセメントで埋めてしまう

ようやくタイルの設置が終わりました

タイル貼りが完成

あくまでもタイルを貼っただけです、目地部分はタイルの厚み+セメントの厚みで1センチ以上の溝になっていますのでこれを目地財で埋める作業が待っています。

目地材にはイロイロな色があります、白だったり、茶色、グレー、黒など、無難にグレーにしました。

目地を埋めるための道具、ゴム付きのコテが楽です

ゴム付きのコテ

目地を埋めるときは、タイルの上からセメントのような材料を慣らしながら入れていきます。

普通の金属のコテだと音、振動共に不快なんですが、ゴムだと滑りやすく慣らしやすい、手にも優しいです。

目地埋めの始まり

目地埋めは2人一組で行いましょう。

目地材を慣らしたら、すぐにタイル表面をスポンジなどで洗います、その時水を通さないゴム手袋などをして作業すると手が荒れません。

埋めたらタイルの洗いをすぐにやる

相方の作業のスピードに合わせて目地を入れていく。

早すぎても遅くてもいけません、あくまでもペースを合わせよう、ほっとくとタイルの表面が白くなって汚くなりますよ。

面倒だったタイルをカットした部分も目地で誤魔化そう

蓋周りも目地埋めする

カット部分も埋める

素人ながらも目地を入れるとそれなりに見えるのが凄いところ。

終わり良ければ全て良しとはこのことだね。

完成直後

洗いを入れて、目地が乾くまでの間を撮影したタイルデッキです。

タイルデッキ前の荒れ果て1

全く違う空間が出来上がりました、とってもお洒落になって雰囲気良しです。

気が向いたらタイルデッキどうでしょう?

疲れるし、大変だけど出来上がると嬉しさ倍増ですよ^^

 - ガーデニングとDIY