赤ちゃんや子供が苦手な人でも出来る情のうつし方

      2015/03/19

子供

こんちは、おっちゃんは子供が苦手な部類に入る生き物です

どう向き合っていいのかわからない

どう接して良いのかわからない・・・こんな感じ・・・同じような人いるでしょ?

でね、おっちゃんは子供が嫌いなのか?と思ったんだけどそうでもないみたい、たぶんだけど自分的には「苦手」なんだと思う。

まとわりつく、しゃべりかける、ギャーギャーとうるさい。

盆や正月に実家へ帰ると妹夫婦や弟夫婦のガキ共の声ったらさ、うるさくてしょうがない。

そんなおっちゃんも結婚して子供が出来たわけだ、いや~新しい命の誕生は嬉しかったよ、でも苦手なんだ

子供が苦手なら話さなくてもいいと思う

人間無理はいけないよ

赤ちゃん言葉で話しかけたり、お世話をしたりと子供と接することが苦痛でない人を見ると感心しちゃう

それを無理に真似してみようと思っても自分自身にストレスがくるからさ無理はいかん。

そもそも男って父親って感覚になるのにいつまでかかるんだろうな・・・

子供と話さなくてもいいから奥さんの育児を助けるつもりでやる

やれることって沢山あるんだよね、オムツを交換したり、抱きかかえてあげたり、あくまでも奥さんを助ける為に動く。

そうするとさ、育児をしているんじゃなくて奥さんを助けるって事に脳が反応して、子供が苦手だからとかって感覚がなくなるよ。

頭の中を「育児ではなく奥さんのお手伝い」に変更しちゃうだけで案外動けるもんだ。

自分の子供に情をうつす為にした事

いつまでも苦手苦手って言っててもしょうがない、奥さんのお手伝いをしている感覚だけだとコレはいかんと思ったわけだ。

そんでおっちゃんがとった行動は、お風呂に入れる事。

最初は奥さんのお手伝いのつもりだったんだけどね、人っておもしろいよね肌が触れ合っているだけでキチンと情が入るようになるんだ。

基本は苦手なんだけどさ、可愛いと思ったり、壊れてしまいそうな子供をお風呂に入れているとそれだけで気持ちが変わる。

お風呂だけは出来る限り一緒に入って体を洗ってあげたりして肌が触れ合うようにしていたよ。

まだ首も座らない娘と一緒に湯船に浸かる、もちろんずっと首から頭を手の平で支えているわけだから常に肌が触れ合っている状態を保っている。

そうするとね、子供が苦手であまり近寄りたくなくても子供との距離って近くなるんだよね

最初は嫌だな~と思いながら、毎日続けると習慣化してきてそれが普通になってくる。

自立して歩行が出来るようになっても一緒にお風呂に入るとさ、子供の動きが変わったり、遊び方が変わったりが目の前で変化がわかるようになる。

言葉がしゃべれるようになると、なんとなくお話してみたりと、おっちゃんと子供のたわいない会話が始まる

子供とのお風呂のススメ

ただね、苦手意識は相変わらずなんだけど我が家の子供達とはそれなりにお付き合いが出来るようになったよ

お父さんって忙しいでしょ?

会社から帰るのだって毎日遅いだろうしなかなか時間って取れないよね、だから苦手な人はドンドン子供との距離が出来ちゃうわけさ。

気がついたら一緒にお風呂に入ったことがないって言うパパさんもいたよ。

子供と一緒にお風呂に入れる時間ってものすごく短いよ、あっと言う間に大きくなっていくからね。

これからパパになる人で子供が実は苦手なんて人はさ、奥さんを助けるつもりでお風呂に毎日入るようにしてみると自分の子供ぐらいは克服できると思うよ。

がんばってくれい

読んでくれてありがとう

ツイッターフォローしてくれるとおっちゃん喜ぶよ^^


ダレデキブログを購読してくれるとおっちゃんが喜ぶよ^^

follow us in feedly

 - 経験したもの