ドッカーンと心を揺さぶりにくる記事は自然と心の引き出しに入る

      2016/06/30

たまに見つかりますね「うわぁ~揺さぶられたわぁ~」となる記事。

そう心を揺さぶりにくるブログ記事ってのはそんなに多くは見つからない。

人それぞれ感情を揺さぶられる記事は違うのでそういう記事が読みたいと思う人はそれぞれが読みたいと思うものを探すしかないんですが、偶然にも出会ってしまうと感動と共に読みながら光景が映像化され、まるで自分が体験しているかのような錯覚さえ覚えてしまう。

心を揺さぶられると記憶が心の引き出しに入る

頭での記憶と心での記憶

例えば天国の父へ送る手紙←こういう記事を読んじゃうと俺はもうだめね。

普段なら1000文字前後が一番読みやすい記事なんだけど、その5倍ほどもある文字の集まりなのに読んでしまうには理由ってのがあるわけです。

これがお役立ちの記事なら必要な部分だけを見出しから抜き取り読み進めますがこれは違う。

普段から感じていることでもあるけど沢山調べて読みやすくしている記事っていうのは一瞬だけ、その場で問題が解決した一瞬だけ頭に入る。

その証拠に過去に自分がトライした問題などを記事にしたことって案外忘れてて「あれはどうやって解決したんだろ?」ってことでわざわざ読むことが多い。

当時はたぶんだけど頭で記憶してたんだろうなと思う。

逆に心に響くと言うんだろうか、揺さぶられると言うんだろうか感動とかそういう奴を経験しちゃうと忘れないわけです。

不思議なことに心の中の引き出しがちゃんと出てくるわけでいつまで経っても忘れないんですね。

嫌だったこと、嬉しかったこと、怖かったとか色々です。

心に記憶したことは忘れない

俺の一生の中で正確に西暦を覚えている時期ってのがいくつかある。

1999年と言えばネットで出会った釣り仲間と房総半島で釣りOFFしたな~だったり、2001年と言えばアメリカでテロが起きた、あの時今の嫁さんの家で「さ~寝るか」と思ってテレビをつけて気がついたわけだけど何故か鮮明に覚えている。

2002年は結婚した年だしってことだったり、初めて50センチのバスを釣った時のことや、山中湖にドボンと落ちたのにライフジャケットのおかげで強制浮上出来たこととかねw

ところがオウム真理教の事件がいつだったかとか、阪神淡路大震災がいつ起こったのかってのは覚えていない、事件が起きたことは覚えているけどね。

逆に東日本大震災が起こったのは2011年だと覚えているわけで、じゃー何が違うのかと言うとたぶん経験とか怖いとかだと思うんですよ。

テロの時は次の日の仕事を忘れて朝方までテレビを見ているぐらい釘付けになったし、東日本の時は実際に自分も地震に遭遇して親と連絡取れなかったり、現場へ行かせた若い子と電話が繋がらなくてツイッターで会話したとかそういう経験があるから忘れないんだと思うわけ。

不思議なことに覚えていることって話始めると当時の映像までが見える状態になる。

現場へ行かせた若い子と当時の話をしだすとハッキリと見えるのがわかる、交通が麻痺して途方に暮れていたおじいさんとおばあさんを乗せてあげたのは、若い子であって自分が経験したわけじゃないのに何故か覚えているしね。

こんな感じで人が覚えるのって頭じゃなくて心なんだと思うわけ。

ツイートして気がついた

自立していない学生が言うことには何の説得力もない - やぎろぐ

こんな記事が出た、そこでツイートしてみたんだけど

とまぁ、自分の本心をツイートしたんだけど楽しそうとか読んでいてわかる、ハグの記事とかビンタの記事を過去に読ませていただいたし、それはそれで楽しそうだし若いって凄いなって感じるし羨ましいと感じることもある。

だけどそれが自分の心を揺さぶるかってなると話は違うわけで、たまたまこういう話題じゃないんだなってだけの話です。

で、このツイートをしたことで気がついたわけです。

そんなわけでやぎろぐのやぎちゃん、気付きをありがとう。

心を揺さぶりにくるブログ記事ってのはそんなに多くは見つからない

たまたま出会った記事が拡散されていなくても自分の波長と合う記事ってことなんだろうなと感じるわけで、ブロガーがどうとかそういう事でもないと思うわけ。

毎日大量に作成される記事を全部読むなんてことは出来ないわけで自分にとって良い記事と出会える確立ももの凄く低いし、まだまだ知らないブログもあって探すだけでも大変。

それでも日々「これいいな~」と感じる記事に一つでも出会えると楽しいし、ブログやっててよかったと感じるし、こういうのが書けるといいな~と感じました。

おっチャン的適当なマトメ

たまに出会える良記事、もちろん人によっての良記事は違うので一概には言えないけど俺は、自分の心を揺さぶられるような記事を読みたいな~と最近感じるよ。

PVに拘りがなくて書きたいことが書きたいならこういう方向性でも良いんじゃないかな~と感じます。

ドッカーンと来て揺さぶられてみな、絶対忘れられない記事になると思うよ・・・あっタイトルなんかは忘れちゃうけどねw

 - 経験したもの , ,