「開き直ることは技術だ」どうにもならない事を考え込むな

   

開き直る

photo credit: IMG_5071 via photopin (license)

40代になってもまだまだまーーだ修行が足りない、自分でコントロール出来ないことをいつまでも考えるのはよそう。

そんなわけで今回は「開き直りの話」と行きましょう。

自分でどうすることも出来ない事象は考えるだけ無駄なので開き直ること

開き直れない哀れな俺

とある案件で見積依頼がありました、お客様は予算の関係なんでしょうが自分が想像した方法での施工を依頼してきました。

が、プロの目からみてさすがにそれは無いわけです。

もしやるとするならば「責任は一切取らなくても良い」と一筆もらうぐらいの気持ちで望まなくてはいけないそういう仕事なんです。

簡単に言えば安全が確保出来ない、施工後の責任が取れないそういう仕事ってことですな。

見積ではお客様の提案を無視して本来の安全で責任が取れる方法での見積書を書きました。

が、書いたは良いけど想定外の金額に膨れ上がるわけですよ。

ここで悩むわけです、せっかくお話を頂いたのに本当に今頭の中にある施工方法以外に無いのか?

お客様の望む方向での施工は本当に不可能なのか?

この道20年ぐらいの経験から延びきった脳のシワを手繰り寄せて思い出す・・・過去このような現場を経験していないか?

同じような工事をしたことが本当に無いのか?<俺・・・・

一人で考えてもたかが知れていると思い社長にも相談して馬鹿な頭を二つ並べて考える考える・・・

施工方法を逆の発想で考えたり、斜め後ろから考えたりもした。

でも最終的にお客様のご提案通りの製作施工方法ではPL法を逃れる術は無いわけです。

PL法

製造者の責任を定めた法律のひとつ、製造物責任法の略。

製品の使用中、消費者が生命、身体、または財産に損害を受けたとき、それが製品の欠陥によるものであったことを証明できれば、製造者の賠償を受けられるという法律。

通常、損害賠償請求において前提となる、損害を与えた者の「故意、または過失」は、PL法においては必要とされない。

欠陥の証明が、すなわち賠償責任となる。

この法律がある限り我々職人が行う製造した製品の施工は安全を確保出来なければ会社が飛ぶわけです。

そこまでギリギリなことをやってまで仕事が欲しいかと言うとこのご時勢ですから仕事は欲しいのです。

仕事は欲しい・・・でも出来ない・・・見積高くなる・・・でもあぶない・・・が頭の中をご飯を食べていてもグルグルと回り続けるわけです。

そうして考えた末に高くなってしまった見積書をメールで送信しました。

送信が終わってもまだ考えている自分の頭が恨めしくもあり・・・他に案は無かったのかと常に考えてしまう。

開き直りましょうよの一言

その様子をずっと見ていた会社のNo3君が「おっちゃん見積送ったんすか?」と聞いてきたので「今送信した・・・はぁ・・・」と言うと

「ならもう開き直りましょうよ、ダメな時はダメなんだから」と言われて、そうだよなと返す。

しかしながら金額が金額・・・コレが決まると4月は他の仕事しなくても良い状態になるわけでなんと勿体無い・・・

それに今までの付き合いからして妥当な路線ならうちに仕事が入るはずなんですがこれもまた・・・

なんて思いながらNo3君の発言に対して「お前のその開き直りは天性の素質だな」と言い羨ましくなりました。

確かにNo3君も見積を日頃から行い美味しい見積を作っては「見てくださいよ~コレすんげ~儲け出るんすよ」と自慢してきたりして見積を作る側の気持ちは知っているわけです。

開き直りとは

急に態度を変えてきびしくなる。覚悟をきめて,ふてぶてしい態度に変わる。いなおる

とありました。

現状の考え方から全く逆の発想にしたり、キッパリと諦めたり、覚悟をすると言うことなんだろうと思う。

そう言えば昔とある団体にいたときに覚悟をして方向性を決めたときにはブレずに真っ直ぐに進むことが出来たな~だったり、事業を起こして突然の雨に見舞われても覚悟があったときは変な自信があって「この雨は定刻までに止む」と言ってて本当に止んだりした経験があった。

これはブログでも言えることでいつまでも原因のわからない変なPV減少に悩むよりも開き直って続けるか、サクッと違うブログを作るのもアリだろうと思うわけです。

記事に関しても同じである時から開き直って書き始めると楽しいんですよね、PVとかSEOとかタイトルなんて考えて書かなくてもそれなりに読まれるようにもなるし、これで飯食ってるわけじゃないから余計に気楽にいける。

という考えの元で書いていると↑のようにわかる人にはわかるみたいですw(元記事)⇒それ本当?ブロガーが愛してやまないオカルトSEOを紹介する

ただ・・ここまではあくまでも遊びなどの話なのでこれで良いと思うんですが、今回は仕事上の見積なので変に考えこんでしまいました。

ということでまだまだ修行が足りませんな。

おっチャン的適当なマトメ

クヨクヨ考えていても自分でコントロール出来ない事象に関しては考えるだけ無駄なので早目に気持ちを切り替える事。

良くも悪くもNo3君に教えて頂きました、くっそ~お前に教わるとは思わなんだわ・・・

でも開き直りって時には必要なんだね、開き直りって技術だと思ったよ。

 - 経験したもの ,