フリーから雇われ人へ転身したのはお金の悩みが嫌だったから

      2016/01/14

フリーから雇われ人へ

photo credit: database plan via photopin (license)

フリーランスになりたい人が多いから雇われ人に転身した話を書いてみる。

と言うのも最近読んでいるももねいろというブログの記事

会社を辞めたい!もう組織に疲れた。フリーランスになる前に今の会社を辞めるとどう変わるか考えてみた | ももねいろ

で昔を思い出したからだ、ネタをありがとうと言っておこう。

職人さんとしてフリーとしてやっていたのは2006年頃まで、そのときは何も考えずに毎日好きな仕事を楽しんだ。

仕事は楽しんだけどいつも頭の何処かでお金の心配は消えないそんな生活が嫌だった。

どんなに稼いでもお金の心配は消えないフリーランスの仕事

俺的フリーランスとは

フリーランスとは自由を手に入れる代わりにお金の心配は全部受け止めるしかない職業だ。

自由と言っても仕事を選ぶ権利があるだけ、それも仕事が回っていればの話になる。

時間だって自由・・・と思いたいけど実はそうでもない納期がある以上自由とはちょっと違うよね。

休みも自由・・と思いたいけどそれも違うような気がする、実際には自由に休めるけど気は休まらない(儲かっていればそうでもないけど)

参考記事独立して自営業になるのは誰でも簡単になれますよって話

地位や信用はフリーになった瞬間に崩壊する

世の中の社長さん達の苦悩と言うのは9割がお金の心配なはず、その心労を考えると相手がどんな社長さんであっても尊敬するし、社長さんの陰口を言う奴は信用しない、なぜなら「お前やったことあんのか?」と思うからだ。

フリーランスと言う夢のような最高な職業にも必ず嫌なことってあるはず。

その全てを受け入れられる心臓が無いならやめておけ、今の地位や信用はフリーになったら一瞬で崩壊する。

試しにフリーになってすぐに銀行へ住宅ローンを申し込めばわかるよw

入金は末締めの50日とか60日

業界によって入金がある日程は変わる、飲食店ならその場で現金で貰えるお金が業界によっては1ヶ月や半年なんてのは普通にある世界。

だから始める前には最低でも2ヶ月は生活が出来るお金がいる、そうしないと生活が出来ないからだ。

グーグルアドセンスだって同じだよね末で締めてそれから二十日ちょっとでの入金になる。

そんなわけで俺の仕事だと末締めの50日払いぐらいの仕事が多かった。

ただ順調に毎月平均した売り上げがあれば、回り始めるとあまり気にならなくなる。

資金がショートする

ところが今月暇だな~となり、仮に20万の仕事しかなかったとする。

翌月は一気に忙しくなり仮に100万の仕事をした。

そんで翌々月にまた忙しくなり100万の仕事をすると資金がショートを起こすわけだ。

何故ならこの翌々月に入金されるのはあの暇だった月の20万しか入金されないからね。

そんで貯金を崩して仕入れをしたり下請けさんに支払いをしたりする。

こんな感じで毎月毎月、金は大丈夫か?支払いは大丈夫か?と悩む、仮にこの何処かで入金してくれない会社があったら・・・怖いねw

売り上げが穏やかに右肩上がりするなら問題はない

フリー時代に感じたのは銀行からお金を借りて一気に勝負を掛けないなら売り上げは地味でもいいから緩やかに毎月伸びていくほうがラクである。

ジェットコースターのように上がったり下がったりが一番嫌。

少なくてもいい、生活出来るお金さえ手に入ればそれに見合った売り上げで良かったのです。

沢山稼いだ年もあったが次の心配がやってくる

そう、税金ですよ。

取引相手がそれなりの会社になるとこちらがやっていないと迷惑を掛ける場合が出てくる。

税務調査が入るとかそういうこと。

だから申告を始めたわけだけど、今までやってなかったので領収証をもらう癖がついてなかった。

おかげで申告初年度はえらい払ったし、翌年も大変だった。

税金を納めるために仕事をしている感覚にさえなってくる。

ある程度の規模の仕事をやり始めると備えが必要になる

今までは一人か二人で仕事をして適度に仕事をしていたがそれなりの規模の仕事を貰うようになるとまた違うお金が出ていく。

労災とかPL保険とかそういう物だ。

全く使ったこともないし、そんな保険の必要性も感じてなかったが、ある時上請けさんの社員が指を切り落としてしまう事件が起きた。

それを見て怖くなりいろいろな保険に入る、それまでは国民健康保険のみだったが、安い労災とか他の保険にも入りたい。

そうなると土建組合に入らなくてはいけなくなる為また新たな出費が発生する。

お金と言う原資

フリー時代のお金の心配と今の家庭的なお金の心配は同じお金の心配でも質が全く違っていてもうあんな思いは嫌だと今でも思っている。

毎日生活以外のことで他人様に迷惑を掛けたくないとか、支払いを遅らせると材料が入らないとか、結局はお金じゃなく周りで繋がっている人に迷惑を掛けたり、変なうわさを流されるのを嫌う為に支払いだけは済ませたいのです。

その為の原資がお金と言うことで、仕事でお金が無い状態って言うのは生活費が無くて困るより遥かに大きな問題として頭に入ってくるんですよ。

なぜなら仕事は一人では出来なくて必ず人と人とが繋がっているからです。

仲良くなった職人仲間、仕事をくれる上請けさん、仕事をこなしてくれる下請けさん、材料を手配してくれる材料屋さん、運搬してくれる運転手さんその全ての人が繋がるから仕事が出来、お金がもらえるからです。

技術一本でやり始めた仕事がお金を払えないことで「あいつは危ない」とか「近寄らないほうが良い」なんていわれるのが一番キツイわけでそれを避けるためにも原資が必要なんです。

フリーから雇われ人へ

いつも一緒に仕事をしていた現在の社長、うまい具合に工場が明くタイミングがありその話を社長にして一緒に会社作ろうとなり現在は雇われ人になった。

フリー時代あんなにお金の心配をしていたのに現在は全くない・・・いや家庭的にお金の心配ってのはあるよ。

それでも仕事で嫌なお金の心配をする必要が無くなったのは心身ともにとても穏やかだ、こうしてブログを書きながら少ない収益ももらい、会社からもお給料と、たまに昔の繋がりで仕事を貰ったときに社長から多少のバックを貰うのも悪くないどころかとってもラクだ。

俺的にはこのスタイルが一番性に合っていると思っている、なんちゃって会社員とフリーの兼業みたいなもんだねw

お金に関する関連記事

「金を貸す奴が悪い」オカルト的予言で俺には見えるんだ

男に負けない主婦パワー強烈な責任感で会社では一番の高給取りです

運営ブログに広告掲載の依頼が来た時に考えた事と気づいた事

突然銀行口座の残高が0円になる恐怖を体験したいのか?

やってみたいならサクッとやれば良い

かなり脅かすようなことを書いてきたが実際に長くやれば山もあるし谷もある。

皆が皆成功するなら倒産なんてことは起きないわけで必ず何処かでショートする人が出てくるはず、実際にそういう人を何人も見てきたしね。

たださ、ダメになった時にどう対応するのか?

ここでその人の価値がわかるみたいな感じかな~、万歳して破産するのか、民事再生して再起を目指すのか?そこまでしなくても和議と言う解決方法でいくのかでその人を見ている時が多い。

逃げるなんてのは論外で今まで繋がっていた人や、仕事、生活環境などを崩壊させるよね。

まぁ日本にさえいればバイトしたって生活は出来るわけで、やってみたいと思う人はそれなりの覚悟だけしておけば大丈夫だよ。

おっチャン的真面目なまとめ

最近フリーになりたい人が多いね~ってことで逆パターンになった理由を書いてみたよ、俺がヘタレで何も考えずに好きな仕事をしてきたからお金の苦労が沢山出たのは事実。

ネットを使ってブログやサイトで収益を貰うフリーランスならそこまで問題は大きくならないと思うけど基本フリーの状態っていうのは同じだと思っている。

もちろんフリーになった時の気持ちもわかるから書いているわけで、決して脅かそうなんて思ってはいないです。

それでも現実ですから良く考えてから行動しましょうね。

そうすると会社からの給料と言う安定も捨てがたくなるよんw

 - 経験したもの , , , , , ,