思考を変えろ今のままじゃ勝負に勝てないぞ

      2015/03/19

photo credit: renedepaula via photopin cc

photo credit: renedepaula via photopin cc

思考を変えないとパチンコでは勝てないし、ワカサギ釣りで沢山釣ることは出来ない。

うちの社長はパチンコが上手い、上手いとは言え何も考えないで行くのか?と言えばそうではない毎日時間を作っていけるほど余裕はないので時折暇な時に若い衆を連れていくわけだがほぼ勝って帰ってくる。

お前レジャー感覚でやってないか?勝負する気でやってるか?

レジャーと勝負感覚

俺はパチンコはしない、しないけどたまに付き合いで行くこともある。

会社の中で社長とこんな会話をした。

社長「あいつら(若い衆)は何も考えずに台に座っている、台のデータを見てはいるがピントがズレているみたいだ」

俺「もしかしたら勝つ気がなくて行ってるの?」

社長「勝つ気はあるみたいだけど台の選び方をキチンと学んでいないみたいだし、学んでも頭が固くて素直になれないみたい」

俺「ふーん、俺がパチンコに行くときはレジャー感覚だから台のデータなんてみないで雰囲気で座るんだけどな」

社長「その感覚のままだと一生勝てないよ、俺だったらマジでやれば生活出来るぐらいは勝てる自信がある」

俺「確かにそうだな、一時パチンコ屋が潰れる前は貯玉(パチンコ屋に預ける球)だけで80万ぐらい貯金してたもんな」

社長「パチンコも釣りも同じでしょ?思考を変えていかに釣るか?いかにパチンコで勝てるか?じゃない?」

俺「確かにそうだね、レジャー感覚のまま釣りしても、人より沢山釣るために経験している奴には絶対に勝てないな、とくにワカサギは」

社長「だろうね、ラッキー要素はあるけど所詮はラッキーなだけでそこに根拠がないと続かないよね」

勝負に勝つ根拠?何をしたら良いの?

社長「パチンコで勝ちたいなら、何故その台に座るのかを説明出来ないといけない

俺「ほ~、ワカサギ釣りと同じだな~何故そのポイントに行くのかと同じってことだ」

社長「そう、その理由が説明出来ないならお金をドブに捨ててるのと同じ行為」

俺「なるほど、俺のようにレジャーと割り切れば問題はないってことね」」

社長「この説明が出来るってことは台の特徴だったり、前日のデータを見て瞬時に判断する能力が必要なわけよ」

俺「すご~い、そんなことがわかるんだ?」

社長「癖ってあるからね、ハマッていていきなりドカンと来る台もあれば、ある一定の間隔で出す台もある」

俺「それを見極めるってことか」

社長「そう、その見極めって少し冷静に台を見ていればわかるはずなんだよ」

俺「なはは、わかるそれわかる」

社長「あいつら(若い衆)はそれをせずに行き成り台に球を流し始めるから何時までたっても勝てないんだよ」

俺「なるほどな~、感覚としてはレジャー半分、勝負半分なのかもね」

社長「まぁ好きにやりゃ~良いんだけど勝ちたいなら頭を使わないとな」

何事も思考を変えると見えるものがある

レジャー感覚のままパチンコをする人は絶対に勝てない、この理由はわかった。

ワカサギ釣りも全く同じでレジャーで来ている人が上級者には絶対に数では勝てない。

この違いは思考にある。

パチンコでは台の選び方であり、ワカサギ釣りの場合はポイントの選び方だったりがそれに当たる。

どちらも相手ありのことなので必ず勝てるわけじゃないパチンコならデータと調整、ワカサギなら自然。

今回社長と話をしていてやる事は違っても考え方ってのは一緒なんだと気がついたよ。

レジャーの時は楽しくだ、勝負の時は思考を変えたほうが良いね。

良い勉強になった日だった。

 - 経験したもの