「六心の訓」ウーンウーン唸りながら読んでスッキリしました

      2015/03/19

六心の訓

とある個室にて「六心の訓」あった。

読み方は「ろくしんのくん」?「ろくこころのくん」?

ウィキペディアで調べても出てこないのでどなたかの心構えと言うか、座右の名と言うかそれでも気持ち良かったので良しとしよう。

一人個室で落ち着いて一言一言を読むと心が洗われる気持ちになる

「はい」素直な心

はい

うんうん、素直な心で「はい」いいね~そうだよなと改めて気づく。

「おかげさまで」謙虚な心

おかげさま

謙虚な心で何事にも取り組めばね・・・ウンウンわかるわっ

「どうぞ」互譲の心

どうぞ

互譲のこころ・・とくに運転している時には気にしたいね、事故してもしょうがないしね。

「私がします」奉仕の心

私がします

奉仕ですか・・最近忘れていたな~奉仕するよりされるほうが好きだけど改めないとねw

「すいません」反省の心

すみません

反省の毎日ですな、とてもじゃないけど反省のない日ってのはないです。

「ありがとう」感謝の心

ありがとう

最後に感謝の心ですね。

生きていく上で必要なことですな

とある個室でウーンウーン唸りながら読んでスッキリ

とある飲食店でお腹が痛くなり個室に入ってウーンウーンしていたんですよ。

その時目に入ったのが上の言葉たち。

ジックリと誰にも邪魔されずに一語ずつ読み、確かにな~と思いながらスッキリ。

でもね・・・↓

多すぎるわっ

六個もあったらどれにしていいのかわからないんだよね・・・

丁寧に三角に折ってあってせっかく学んだ気持ちがあるのに、やみくもに手を出すのも申し訳ないわけで、結局俺は「ありがとう」を選んでスッキリさせてもらいました。

よって自分にとって大事なのは「ありがとう」なんだろうなと感じたわけです。

が、人に沢山の選択肢を与えるのも良くない例だとも感じました(仕事柄デザインで迷う客が多いからいつも3例ぐらいにしたり、カラーについても3色ぐらいにしている)

トイレットペーパーは多くても3つぐらいまでにしてくれると助かります。

 - 経験したもの