仕事でラクをする(動かなくても済む)為に必要なこと

      2015/03/19

仕事

24時間戦えますか?ってCMが昔あったな~戦えるかっ!

「仕事」とは、突き詰めると「自分が働かなくても良い方法」を考えることである

わかったブログのかん吉さんが上記の記事を書いていた。

有名ブロガーさんだけあって例えが上手過ぎて惚れるわっw

ってなわけで全くその通りだと思う。

仕事の出来ない人に限って「変な優しさで仕事を他人に振れなかったり、抱え込んでしまう人が沢山いる」

周りを見ると明らかに「損している」人が沢山いる。

いかに自分の時間を作り、身軽にラクが出来るかを常に考えることって結局は仕事を突き詰めるという事。

「早く帰りてぇ~な~」って愚痴言ってる人は早く帰れませんから。

そんな暇があるなら、仕事を突き詰めて考えると早く帰れるようになるよって話です。

仕事はラクに身軽に自分の時間をコントロールする為に必要なこと

指示を出す人と指示通りに動く人

自分は実行部隊なのか、頭で考えて指示を出すのかを明確に分けられなかったり、その立場に無いのが理由だろうね。

この間、IKEAの机を作っている時に拉致した会社の若い衆が「図面を見る人と作業する人は別にしてやっぱり正解なんですね」なんて言ってました。

おっちゃんにしてみれば「過去に同じような仕事を沢山してきて今さらそれかよ」と思ったんですが、気がついてくれて良かったかも知れません。

人は指示されると動ける」部分であり「思考と行動は分けたほうが良い」と言う部分でもある。

人には得意不得意があるので自分の立ち位置をキチンと理解していれば仕事はラクにスムーズに進みます。

図面を理解しながら自分で作業することほどシンドイ事はないんですよ、とくに複雑な物であればあるほど大変。

作業だけに集中すれば気がラクになり、もっと早く仕事が終わるってことです。

ただこの場合、どっちが大変とかの話じゃないですよ、実際に動いている若い衆が大変かって言えばそうでもない。

なぜなら得意分野だから、おっちゃん的には図面を理解して的確な指示を出すのは得意分野だからお互いにラクなんですって話です。

自分の立ち位置を確保する

この立ち位置を交換しちゃうから大変な仕事になる。

不得意な分野の仕事をお互いにやるから時間が掛かったりとか・・・上司部下の間柄ならたぶんそうなるよね。

おっちゃんは上司部下でも得意不得意で立ち位置変えちゃうけどさw

周りでいつまでたっても仕事が終わらない人のパターンはほとんどがコレです。

立ち位置って自分で決められる人は決めたほうが良いよね。

事前のシミュレーションが自分を助ける

自分が動かなくても良い方法」って事前にシミュレーションをして頭の中で仕事を完成させてしまえば後は指示を的確に出すだけです。

ここで指示が出せない人は立ち位置がおかしいわけで、そういう人は実行部隊として活躍するしかない。

他の人よりも鮮明にゴールが見えている人に考えも無しに否定する人はあまりいませんからね。

いたとしても「何故?」が答えられるので強いです。

指示がないと仕事が出来ない人が職場に沢山いればいるほど自分は実行部隊側にいなくても済むわけです=自分は動かない。

それでいて体がラクなわけですからシミュレーションをやらない理由がないです。

おっチャン的適当なマトメ

損しちゃダメ、疲れるだけだからさ。

実行部隊になりたくないなら「責任感」ってのを意識して前へ出るしかないよ。

自分がトップに立つなら最低限必要なことだからね。

それがイヤなら大人しく指示出される側で我慢するしかないっすよ、俺はそういうのがキライだから指示出してサッサと帰りますw

「あいつがやってるなら大丈夫」って思わせたら勝ちっすからね。

<関連記事>

小さな会社で比較的簡単に給料を上げる方法

段取りが出来ない人は完成イメージをシミュレーションしたほうが良い

ゴールイメージが出来ないと仕事の段取り出来ないぞ

 - 経験したもの , ,