やらなくて済むならやりたくない5つの事

      2015/03/19

100のリストだよ
死ぬまでにやりたい事なんてのを書いたので今度はやりたくない事を書こうと思った。

やりたくないのにやるなんておかしいからさ。

やらなくて済むなら死んでもやりたくないぞって事を書いておこう

頭を使わない単調な仕事

ほんとは考え方次第でどんな仕事でも必ず頭は使うんですよ。

どんなに単調な仕事であっても「こうすれば効率的だな」とか「ここ無駄だな」と考えることが好きなので基本的に単調で頭を使わない仕事ってのは存在しないはず・・・はず?

そういう事がわかったうえであえて上げるとすれば工場のライン作業とか、内職のように同じことを永遠とする仕事ってのは自分の性格には合わない。

飽きっぽい性格なのでたぶん同じことが嫌いなのだろう、就職しても3ヶ月ももたないと思うw

出来れば今日は事務仕事で明日は製作して明後日はパソコン仕事して次は施工して~とか色々な仕事をやっていきたいわけさ。

趣味を捨てること

どんな趣味でも良いけど、趣味を捨てるほど他に楽しめることが出来たならそれはそれで良いと思っている。

ここで書いているのは、わざわざ何々があるから趣味を諦めるとか、環境が変わったから趣味を捨てるとかって言う意味。

とくに結婚の時にはめちゃ考えた、それまで給料の半分ぐらいは平気でルアー買ったり、タックル新調したり、釣りに行くのにお金を散々浪費してきたので癖が直らないわけですよ。

で、結婚したら直るのか?って直るわけねーじゃん。

さすがに考えますけどね、それでも釣りはやめられないので年に数回の釣行やタックルへの支出は覚悟してもらわないと結婚無理です、となるわけ。

今でもこの考えは変わってなくて家族と釣りを天秤にかけるつもりも無いけどやっぱり趣味は大事っす。

興味の無いことをすること

自分にとって興味があるかないかって大事でさ、興味が全く無いことをするのってめちゃ疲れるわけさ。

某団体に所属していた時に多かったけど、どんなに熱く説明されてもピンとこないし頭にも入らない。

義理人情だけで動くけどやっぱりつまらないのw

ほんとは興味の持てることを探せば良いだけなんだけどね、それすらも出来ないときってあるわけでそれぐらい興味の無いことって嫌いっす。

反対に興味はあるけど手を出さないようにすることも多いです。

とくに海釣りとか渓流釣りとかの分野、なぜならハマると手がつけられない状態になるのが目に見えているから怖くて手が出ないっす。

主夫にはなりたくないしなれません

掃除洗濯から家の中のアレコレも全くやりたいと思わない。

昭和時代のお父さんのように威厳を保ちつつドシっと腰を下ろしたら動かない・・・

こんなのが理想なので家の手伝いとかもほとんどしない。

なので娘にたまに言われます「パパはどうしてママになんでもお願いするの?」と・・・

返答に困っているとママが助けてくれます「それはママの仕事だからだよ」って。

「パパはお仕事へ行くのが仕事でママは家の中で仕事をしている」と説明をしているのを何度も見た、助けられてるな~と感じます。

が、それでも動きませんw

お蔭様で自分のパンツが何処に収納されてるとか洋服が何処にあるとかサッパリわかっていないボンクラ親父が出来上がっておりますw

楽しいか楽しくないかで決めること

感覚的な話なんで読まなくても良いところですw

仕事でも遊びでも同じなんだけど、ソレ楽しいの?って思ったらたぶん楽しくないのですよw

やってみて楽しいって感じることも多いと思うけどね。

で、何かをやると決める時に「楽しいか楽しくないか」で決めるのは嫌いなんですよ。

とりあえずやってみる、やってみてダメならやらないだろうし、上手くいくならやり続けるみたいな感じ。

食わず嫌いなんかと同じかもしれないw

ブログでも同じで楽しいからやるわけじゃない、楽しいか楽しくないかなんてやってみなきゃわからないからね。

たまたま自分に合っていて楽しく感じるからやっているだけの話。

おっチャン的適当なマトメ

ワガママなんですよw

えぇ、なんとでも言ってください、自分ワガママっすw

マトメでもなんでもないっすねw

ではw

 - 経験したもの