ブログでもリアルでも頑張らないとダメですって話

      2016/03/14

頑張る
ブログって反応あります?

どれぐらい仕事になります?

っていうのは仕事用のブログを作っていて実際に問い合わせが来て仕事をする時に、お客さんから聞かれることが多いです。

聞くのはタダだけど聞くだけでブログからお客さんが来ることはないです

実際の成果を聞いて夢を見る人ばかり

個人で営む系の飲食店からサロン系のお店や少し大きめの店舗さんなどからの依頼も多いわけで、名刺屋さんなんかと同じでどんな職業にも必要とされる仕事をしているので多岐に渡るが新規開業したお客さんは皆聞いてきます。

「ブログって仕事になります?、ホームページのほうが良いような気がするんですが・・・?」

は??「○○さんブログからうちに電話してきて今仕事しているじゃないですかw」って話になるんです。

こういうお客さんには実際にブログから「去年なら○○円ぐらい、今年は今までで○○円ぐらいの仕事はありますよ」

と答えてあげると「そんなに?」と驚かれますがまだ開業準備中のお店の店主さんでは売り上げの多い少ないが理解出来ないみたいです。

楽して儲かる話はありません

じゃー私もブログやろうかな?と言うお客さんに「今までやったことあります?」と聞くと「ありません」

ブログからどれぐらい収入欲しいんですか?と聞くと「もらえるだけ」

仕事のブログなんですから仕事だと割り切れます?と聞くと「大変なんですか?」

一応仕事ですからブログに掛ける時間も長いですよ「時間取れるかな~?」

おいおい、ラクに稼げるわけねーだろうがと言いたい。

失敗も成功もやらないとわからないです

仕事用とかお店用ブログってただ開設してやり始めてもあまり意味は無いですよ。

それこそ日記と同じ扱いで書くといつまで経っても成果なんて現れません。

人気のお店ブログを研究して見た目を同じにしても内容がシッカリしていないと全く通用しないです。

なんにせよやらないとわからない事が多いのは事実。

精神論じゃないけど頑張らないと無理です

頑張るって本来は自分で使う言葉じゃないはずだけど仕事用ブログってのは頑張らないと書けません

少なくとも自分が社長さんなら頑張るのは当たり前。

iPhoneで撮影した適当な顔写真とか店内写真なんて論外っすよ。

やるなら本気出して書かないと誰も読んでくれませんからね。

それでもアクセスが一日80とか100ぐらいしか来ない(ジャンルによる)

好きな事しかやらないって言う人

たまにいます、運もあるんでしょう(マジでいます)

こういう言葉を使う人のことを鵜呑みにしちゃうとほとんどが失敗します。

好きな事しかやらないで成功している人は、嫌いなことをやって苦労を重ねた経験がある人だけです。

こういう経験をしていくうちに自身と周りのステージが変わり成功しているのであって、好きなことしかやらないで成功しているわけではない。(それでもたまに本当にいますけどねw)

そんなわけでそれなりに努力とか頑張るとかを行う必要があります。

ブログでもリアルでも儲けたいなら頑張らないとダメです、ラクして儲けることは出来ません。

 - 経験したもの