Mシュナウザーのオリジナルステッカーを作って貼ってみたよ

      2015/03/19

オリジナルステッカー

前回記事「愛犬のステッカーが欲しいと言うのでデータを作ってみました

でとりあえずテストでデータを作ったので早速製作して車に貼ってみた。

オリジナルステッカーをカッティングシートで作るなら細かい部分は作らないほうが良い

文字が太ければ太いほど貼り付け後は安定するよ

20140809113523

カッティングステッカーにする前にもう一度細部をチェックします。

細かい部分が実寸法でいったい何ミリになるのかを確認。

とりあえずテストなので車用に横20センチで製作した場合の文字の太さとか線の太さが貼り付け後に耐えられるのかを確認するのです。

自転車などに貼る場合、貼り付け場所が小さいので元のデータをそのまま小さくすると文字がめちゃくちゃ小さくなっちゃいます、なので上の画像の左側に3つだけシルエットのみを製作しています。

本来なら白色で製作したいところだけど良いカッティングシートが無いので今回は金色(金スモ)でいきます。

20140809113820

使う材料は信頼のブランド住友3M製品ですな、これ以上素晴らしい材料はありません。

カッティングマシンにかけてカット加工しちゃいます。

20140809113615

一瞬で終わり、あとはカスをとって終了です。

20140809113855

20140809114309

小さいとやっぱり文字入れがキツイみたいですね~何か考えないといけません。

データは作れても実際に貼り付けるとはがれやすくなるので意味がありませんな。

車のリアガラスに貼り付けます

20140809115333

適当に貼る位置を決めてしまいます、いいんですテストですから掃除もちゃんとしていないし、ガラコでガラスの表面は普通に掃除しても膜が出来ているので意味なし。

ちゃんと貼るならシッカリ掃除しようね。

20140809115514

車のリアガラスに貼る分はこれで終わり~

次は奥様が所望していた自転車のステッカーはと言うとこんな感じ

20140810093818

丁度チェーンカバーがあるのでこの辺りに貼りたいというので掃除して一瞬で貼り終わりました。

20140810093900

でもやっぱり文字がないと少し寂しいですな。

次回はちゃんと文字を入れて作ってみるよってことで納得してもらいました。

 - 経験したもの