白髪染めは準備が8割あとは誰がやっても上手く染まるけど利尻ヘアカラーが欲しい

      2015/06/02

若い頃から白髪染めが手放せないおっちゃんです。

と言ってもあまり気にはしていないのです、ですが・・・娘の入学式があるので染めろと命令がやってきたので、ついでにネタにさせて頂いたまでです。

激安白髪染めと利尻ヘアカラートリートメントの差はあるのか?

重点的に白髪染めを行う箇所を特定するために状況を把握しよう

真っ白1 白いな 上も白い

うん、白いね、把握したから何?って感じですが、確認しておきます。

市販の白髪染めの為に準備をしよう

新聞で用意する

染めるための染料はとても強いです、床や壁に付着すると色が変わるので新聞紙で保護します。

「今から帰るから」と帰るコールを入れて家に到着すると準備が出来ていました。
クリーム

お次はハンドクリームなど、なんでも良いのでクリームを用意しておこう。

髪の生え際のお肌を染料から守るためです。
髪を染める物

白髪染め、カラーなどなんでも良いです、どうせ2週間ぐらいしか持ちませんから安いので十分です。

我が家では500円以下の物を毎回使います。

と言いながらも本心ではもう少し手軽に、それでいて綺麗に・・・それでいて髪を傷めない物を使いたいのです。

贅沢言うならもう面倒じゃない!洗うだけで白髪がケアできる/利尻カラーシャンプー辺りを毎回使っておけば面倒も無くなるし髪も傷めないのでグッドですが、嫁から了解が貰えません><

黒より薄い色

ちなみに白髪が多い人は、あまり真っ黒にしちゃうとかえって目立ちますので濃いグレー系の色か、薄めの色で染めたほうが自然な感じに仕上がるよ。

染める材料

安い材料だと2液性になっているのでチューブから出して混ぜましょう。

お値段が高い商品ならクシが付いたボトルになるので混ぜるのも楽になります。

各家庭の生活水準に合わせて用意してください。

2液

2液をチューブから全て出し切ったところです、たまに他社製品の物を混ぜるとか嫁が言い出しますがやめさせましょうw

混ぜる

付属のクシで混ぜ混ぜしてから使います。

白髪染めを髪につける前に生え際にクリームをしっかりつけておこう

先ほど用意したクリーム、なければ100均でも良いので何か用意しておきましょう。

クリーム

なんでも良いです、手のクリームでもなんでもです。

付けないで作業すると生え際に染料が付着して落としにくいです、特に耳周りは気をつけて。

クリーム2

クリームをたっぷりと手に取りだして、生え際に塗り塗りします。

生え際にクリーム

厚めにぬりぬりしておいたほうが後々楽です。

白髪染めをする時は一気にやっちゃいましょう

塗りたくる

最初に確認した白髪の多い部分を重点的に責めていきます。

白い毛はどんな色にも染まりますよ。

あっという間に終わります。

終了です

注意があります、付属でついている手袋は必ず使いましょうね。

おおちゃくするとこうなります↓親指と人差し指にほんのり付着しておりますね。

手袋なし

さほど黒くなってはいませんが時間が経てば黒くなっちゃいますよ。

塗り塗りが終わったら全体に馴染ませる感じでゴシゴシしてあげてください。

馴染ませる

ここでたまには、旦那様の頭にツボマッサージでもしてあげればラブラブ度が少し回復するかもしれません、指先に力を入れてゆっくりと全体的に動かすだけで十分に気持ち良いですからね。

生え際に付着

さて、先ほどクリームを塗った場所にはやはり染料が付着しておりますね。

時間が経てばより色がハッキリと出てきます。

でも大丈夫です、クリームが肌をバリアしているのですぐに洗い落とせますよ。

時間が来たらシャワーで優しく洗い落とす

染料によって染まる時間が変わると思うのですが概ね10分もほっとけば大体は大丈夫です。

染まったらゆっくりとシャワーで洗い流しましょう。

ここでも気をつけるのは、お風呂の壁に染料が付着しないようにすること、床はシャワーが流れているのでそれほど気を使わなくても大丈夫だと思うけど・・・壁に付着した染料はすぐに洗い流せば跡が残りません。

染まる

シャワー後、すっかり色が入って変わりました。

が、やっぱり準備からしてかなりメンドクサイですよね。

確かに綺麗に黒くはなりますが洗いも面倒だし、髪が痛みますのでマジで嫌ですw

ここまで普段どおりに白髪染めをおこないましたが、お値段が6倍も高い利尻のヘアカラートリートメントと何が違うのかがわかりません。

髪に優しく潤いを与えるぐらいはわかります、ニオイもしないのでしょう、でもそれだけで値段が6倍??

白髪ケアの専門サイトを作って実際に試してみました⇒見た目年齢を若くする男の白髪染めで使ったんですがめちゃ良い染め具合でしたよ。

さすがに高価なだけあって頭皮や髪にも優しくてヒリヒリした感じもなく良かったです。

あっ、こういうのです↓



 - 経験したもの ,