初夏の風物と言えば蛍、千葉県いすみ市の源氏ぼたるを鑑賞しよう

      2016/03/14

genzibotaru04

我が家の年間行事であり、イベントとして毎年鑑賞しに行くのが「源氏ぼたる」自然に繁殖し、乱舞する姿が美しい。

遠く不便な場所にありますが毎年通い続けています。

源氏ぼたるを見るなら千葉県いすみ市の山田川周辺へ行こう

鑑賞出来る期間はほんの少しの間、なんとか時間を作って源氏ぼたるを見るべし

毎年5月下旬から6月上旬に現れる蛍、この期間に見におでかけしないとまた1年待つことになるので是非いっておこう。

「いすみ市のHP」で確認出来ます

とくに彼女がいる方へ、たまには違ったデートも良いぞ。

蛍が見れる場所

下の画像の赤枠以外でも蛍は飛んでいます、水のあるところなら何処でもですが、おっちゃんはだいたい赤丸のところで良い思いをしました。

ホタル

航空地図を見ると、林と田んぼしかありません。

暗い時間に行くとわけわからん状態になるので明るい時間に一度現地を調査してから行きましょうね。(初めての場合)

近くに人がいたら「どの辺りで蛍が見れますか?」と聞くのも手ですが、帰ってくる答えは「何処でも見れるよ」です。

航空地図

「ほたる鑑賞の夕べ」なるお祭りがあるはずなんですが、土日に行われることが多いと思います。

蛍を見たいならお祭り時は避けたほうが無難です。

人が多すぎて歩くのも車を停めるのも、懐中電灯が邪魔だったりと良いことがありません。

蛍鑑賞にベストな時間

19時半から21時ぐらいが鑑賞時間です。

この中でも過去の経験では20時半前後が一番見頃でした(あくまでも感覚の話です)

ここで残念なお知らせを少しだけ。

毎年行く蛍鑑賞だけど必ず見れるわけじゃないです。自然が相手なので当たり外れがあると思いましょう。

過去に3度ほど見ることが出来なかった経験があります。

雨は良いんです、寒さがキツイと出てこないようですよ、但し行ってみないとわかりません。

蛍鑑賞に必要な物

懐中電灯(但し、鑑賞中は点灯しないで下さい、周りの人に迷惑です)

ヤッケもしくは軽いジャンパー(まだまだ寒い時期があります)

飲み物、カメラなど

基本は軽装でいいですが寒い日もあるので注意してください。

田んぼ道(一応舗装されています)をかなり歩きます(永遠と歩くと思ってください)

川のソバで見たい場合は田んぼに落ちないように気をつけること。

林の近くには「マムシ注意」の看板が多数立っています、マムシに注意してください・・・

蛍鑑賞でやってはいけない事

捕獲しないでください、蛍は蝉と同じで一生が短いです。

体や手に止まっても連れて帰らないでください、撮影用に少しの間とか、小さな子供に見せる為に一時的にとかなら良いと思いますが逃がしてあげてください。

最後に、ゴミなんて絶対捨てないでください、地域の方が守っている自然ですよ。

読んでくれてありがとう。

 - 経験したもの