売り込まなくても仲良くなれば自然と読みに来てくれるから

      2016/03/14

a0001_006361

ブログも実社会も人との繋がり

ブログのアクセスアップを題材にした記事は沢山ある。

ブログに書く内容自体が大切なのはわかるがそれでもアクセスして貰うために何かをしないといけない。

センスのある人ばかりじゃないのでそれぞれが色々な思いで頑張っているのを見て自分もな~と感じたわけだ。

そんな中以下の記事を読んで思った事があったので書いてみる。

SNSの中にいるのは人間だよ

@hiroumi3799さんのブログ「APOLLON

ブログ初心者がブログアクセスアップについて真剣に考えてみた
コミュニケーションありきのSNS

SNSの目的はコミュニケーションです。

twitter、facebook、LINE、それぞれ形は違えどどれもコミュニケーションを目的としています。

そしてユーザーは基本的に人間、ってのを結構忘れがちです。

一般的なSNSユーザーは誰かとコミュニケーションを取ることを望んでいます。

彼らにとって一方的な宣伝行為は邪魔なだけ、相手にされません。

SNSからブログに来てもらうためにはまずSNS内でコミュニケーションとることが重要です。

こいつオモロイ奴やなーとか思ってくれたら仲間になって拡散してくれたりします。

この記事を読んで「だよなぁ~」と感じたわけさ。

SNSを宣伝のみの為に使うにはセンスが必要だ

やっぱりネットの向こう側には人間がいて、そういう人達と出会ってブログを読んでくれたりするわけだ。

そこには大手ブログとか、弱小ブログなんてなくて仲良くなれば読んでくれる。

書くセンスだったり、集客するセンスのある人からすれば対した問題ではないのかも知れないけどおっちゃんのような一般人は地道にコツコツと前へ進むしか無いのが現状で、小さなことから初めて行く。

ブログの認知度が欠けているなら自分から行動するしかない

この記事でも書いたけど、ブログも実社会も結局のところ人との繋がり。

こいつオモロイ奴だったり、為になる事を知っている人だったりして、相手がわかるから読みに来てくれる。

SNSでやられて迷惑な事はやらない

人って宣伝や勧誘嫌いでしょ?

自分がやられたら逃げるでしょ?

売り込み嫌だよね?

じゃーやらないほうが良いよ、売り込まなくても仲良くなれば自然と読みに来てくれるから。

読みに来てくれた人は良ければ拡散してくれるし勝手に宣伝してくれるから。

宣伝してもらえるような記事を書く事に専念したほうが遥かに有意義だよね。

おっちゃん的まとめ

そうは言ってもまったくの新規でブログを作った場合、無人島でお店を開くようなもんだ。

少しぐらい・・迷惑にならないぐらいの宣伝ぐらいはしないと知ってもらう事すら無いよね。

このあたりは各々が良く考えて、良い感じで宣伝していくことをおススメする。

読んでくれてありがとう

 - 経験したもの