グーグルにストックされるブログ記事を簡単に書く方法

      2015/09/28

記事の書き方

ブログ記事に何を書いたらいいのかわからずに悩んだらヤフー知恵袋はネタの宝庫だよね、但し書きたい方向性のネタがある場合に限ります。

昨日こんなツイートを見た、と言ってもおっちゃんの記事をツイートしてくれたんだけど、ありがとう。

書いたのはこちら「ブログ記事は瞬間的なアクセスよりジワジワ読まれる記事を増やす

思わず「そーそーそうだよね」と頷いた。

おっちゃんなりの特定ジャンルをストック型記事にする方法

1、書きたい方向の記事を決める

何書くにしても書きたい方向がわからないと話が先に進まないので少なくとも自分が書けるだろう範囲のネタを概ね決める

2、決まったらその事象に対する悩みを探る

皆悩んでるんだよ、だから検索するんだよね悩みを解決したいのさ、ヤフー知恵袋なんかをサクッと検索して投稿者の悩みを読んでみる。

3、解決出来る答えを記事にする

悩みを解決してあげられる自信があるなら記事にしちゃえばいい。

投稿者が悩んでいることがわかり、その解決策を知っているのであれば親切丁寧に図解入り写真、イラストなどを使って投稿者が理解出来るように記事を作成していけば良いだけ。

具体的な進め方

例えばワカサギ釣りを題材にして記事を書きたいとする。

ワカサギ釣りのターゲットって誰?悩みって?

ってことで自分の腕前は自分が一番良く知っているのでそれに見合ったターゲットを決めなくてはいけない。

何故なら初心者に宛てた記事と上級者に宛てた記事で内容が同じなのはおかしいからさ。

そんで「俺の腕前なら相手は初心者だろうな」と思ったら「初心者がワカサギ釣りの何に対して悩みがあるのか」を知ること。

一番手っ取り早い方法は「ヤフーの知恵袋」を片っ端から読んでその答えを記事にしてあげれば高確率で検索にヒットする事になる。

と言う感じでとっても簡単な方法の紹介で、その結果は右サイドバーで「読まれている記事」に反映されている。

こういう記事は書いても全く反応ってのは無い、ツイッターで「書いたよ」ってアピールしてもたぶん趣味が違うとスルーされるのでおっちゃんはあまりアピールしない、アピールするなら同じ趣味を仲間に持たないと意味が無いし、ターゲットになる人にフォローしてもらわないとね。

一つ一つの記事に対するPVはとっても少ないけど毎日検索されている記事って事だね。

知恵袋って記事を書くのにものすごく便利なネタの宝庫だと思っている、わからない事は知恵袋を覗こう。

そうは言ってもそれなり続けていればインデックスもすぐにされるようになりますからね。

 - 経験したもの , , ,