ブログで使う言葉は「人となり」地味でもポジティブに発信したいね

   

前向き

人っておもしろいよね、その人が使う言葉でだいたいどんな人かを想像出来ちゃいますもんね。

ほんの少し、誰かに指示を出す瞬間とか、仕事中の質問の仕方とかで「あっ、この人本気だ」とか「やる気無いのかな?」って言うのがわかってしまいます。

だからブログでどんなに良いこと書いていてもその人の使う言葉ですぐに読者にはバレると思う。

それこそRSSに登録して毎日のように読む読者にはわかるんですな。

無理に良い言葉を使う必要は無いと思うけど、それでもポジティブな言葉は読んでいて気持ち良いです。

記事で使う言葉は人となり「読者を騙すことは出来ないよ」

地味でもポジティブ思考な言葉を使いたい

以下の言葉はとあるブログ記事で使われた言葉達、俺がほぼ毎日読みに行っているブログ主の言葉を以下に抜粋してみました。

彼は修行時代から現在は店主になってもブログを毎日書き続けていますがどの記事を読んでも人を不快にすることはない。

もちろんファンであるからなんだろうけど、常にポジティブな言葉が使われているわけで俺はいつも見習うようにしている。

最近流行りの意識高い系とかじゃなく地味だけど必ず必要だろうと思うポジティブな言葉。

(修行時代の言葉)

新しい環境で新しい知識・技術を学ぶことはほんと楽しいし嬉しいです。

きょうの午前中、新たな仕込みを教えてもらってる時に、お金をもらいながらこんな事を教えてもらえるなんてありがたいなぁ、と思ってたら自然と笑顔になってました(^^)

例えばきょうはどんなことを学んだかというと、美味しくするための一手間、二手間。

プレッシャー大歓迎!!プレッシャーのない仕事には成長がないからね。

修行時代にブログで使われた言葉で俺が好きな言葉(他にも沢山ある)まぁ文章のほんの一部を切り取っただけなのでわかりにくいとは思うけど、これを読んだだけでもポジティブだな~とわかると思う。

仕事に真剣に向き合い、将来の独立を夢見ているときの言葉なんですがこんな気持ちで仕事に取り組めばあっと言う間に技術を手に入れそうです。

嫌々面倒な仕事をしている人にはわからない言葉かもしれないけどね。

(独立後の言葉)

修行時代にお世話になった方々に心配かけず、イキイキと頑張っている姿を見せることが一番の恩返し。

きょうの経験で真の経営者への階段を一段上がれました^^

しかしこんな日でも特に悲観することがなくなったのが成長でしょうか

結果がでなければ想いやこだわりはただのエゴ、我が儘にしかなりません。

自分への気づきの為だったり、戒め、ご恩など心境は違えど全て前向きな考えで発信されている。

それは毎日読んでいればすぐにわかると言うもので普段から使わなければ読者にはわかるし騙せません。

前向きな発言は周りを明るくさせる

個人的には暗い言葉はあまり好まない、自虐ネタとして笑いの為に使う言葉は受け入れるがそうじゃない場合は基本スルー。

人には色んな事情があると思う、怪我したとか体調が悪いとか病気とか失恋したとか離婚したとかね、それはわかるけどだからと言ってそういった事を理由にして暗い言葉を使うのは好きじゃないしそういう人を応援する気にもなれない。

やっぱりね頑張る人を応援したくなるんですよ。

色んな事情があっても頑張る人、そういう人の言葉ってたぶん前向きなんだと思うよ。

自分自身もすべての場面では使えないけどせめてブログだけは暗い言葉は使いたくないもんだね。

前向きな言葉を嫌う人も多いとは思うけどさ人間前向いてしか進めませんよ。

おっチャン的まとめ

久しぶりに上記の前向き発言をする店主に会ったので以前書いた記事を思い出し今回のネタにした。

相変わらず明るく前向きな人、こういう人って周りの人も同じような人が集まっているみたいで羨ましいっすね。

俺もそうなれるようにしようっと^^、その前に暗い言葉を使わないようにしないとな。

(参考記事)柏駅西口「串かつ さじろう」開業準備中は飲食店するなら読んでおけ

(参考記事)柏駅西口、「串かつ居酒屋さじろう」の串かつ食べたら幸せになれた

 - ブログ雑記 , ,