自分の価値観を通したいなら行動せよ出来ないなら黙ってろ

      2016/01/14

や~会社に不平不満のある人達こんにちわ

昨今いろいろなところで会社への不満をタラタラ言う人が増えているが言ったところで簡単には変わりません。

とくに会社、上場企業はともかく上場していない会社へお勤めなら尚更無理って話です。

上層部の価値観がズレズレだと思っているみたいだけど貴方の価値観もズレてますから

年代で価値観は変わるけど理解は出来ますよ

有名なブロガーでイケハヤさんがいますね、俺よりもかな~~り若い人だけど、あの人のブログを読んだり発言を見たりしますが感覚のズレは感じませんし言ってることは理解出来ます。

むしろ凄いな~(良い意味で)とさえ感じますし、こういう生き方が出来るのも凄いし言動と行動が伴っているだけあって説得力が違うとさえ感じる。

だからと言って価値観が同じかと言われるとそれは違います。

その意見はあくまでも彼の意見であってそれが世間で通用する意見かどうかはわかりませんが一つの価値なんだろうなと思うのです。

で、俺にも理解出来るあの考え方が彼よりもずっと若い人が読んだらどうか?

みんながみんな同じように共感するとは思わないわけで(今でもそうだけど)結局人の価値観なんて自分の都合の良いようにしか動いていない。

年代によって価値観は変わる

おっちゃん世代であっても今の50代や60代の価値観なんてわけわからん状態なんですよ。

自分の親の価値観さえもズレていると感じているわけで、これが今の40代と30代でも違うし、20代なんてもっと違うわけです。

自分と相手を割り切らないとブログなんて書けないよって話

会社へ20代の子が面接に来る前に「ゆとり世代だから宇宙人だと思ってください」と求人広告の担当者がわざわざ教えてくれるぐらい違うわけです。

宇宙人ですよ宇宙人・・いったいどんな若者が面接に来るのかこちらがドキドキしちゃうぐらいですよ。

で、こうやっていろいろな価値観を持った人がいる事がわかって考えると会社はどの世代に合わせて価値観を統一したらいいんでしょうか??

20代ですか?30代ですか?40代ですか?

仮に40代にあわせると20代はどうでしょう?仮に20代に合わせたら40代はどうでしょう?30代でも同じですよね。

どこの価値観に合わせても結局文句は無くならないし、30代が良しとした価値観も20代には通用しないでそれこそズレズレな状態です。

当たり前だね文句を言う人の価値観で制度を変えてみた所でその文句自体も価値観の違う人からしてみればおかしいのですから。

これが世代じゃなく男女でも同じだと思うんですよ、例えば育児休暇にしても同じだと思う、これから赤ちゃんが生まれる人にとっては育児休暇って言う制度は良い制度ですが独身女性からしてみるとどうか?同じ世代であっても価値観は違うはずだよね。

この場合その制度を使う側には残された人の気持ちがわからないんですよね、なぜなら今までその人がやっていた仕事は必ず誰かが肩代わりするわけですよ。

そうするとそれを担当した人はこの制度をどう思うか?ってことですな・・・だから一概に育児休暇賛成~なんてことは口が裂けても言えないし、そんなことで少子化が収まるなんてことも思ってもいない。

みんなが丸く収まる方法なんてものは無くて、あるとしたら「会社に来なくても仕事しなくても100%給料出します」制度ぐらいなんじゃないでしょうかね?

そんな事したら会社が潰れるけど・・・

会社に理解してもらおうと思う前に自分が変わったほうが早い

時代遅れな会社なんてほっといてもそのうち無くなると思うけど、もし続いているようならまだその価値観はビジネスの世界では生きていると言うことですよ。

こればかりはどんなに外野がわめいた所で無理があるんですよね、だから無視して自分が変わったほうが早いと思うけどどうなんだろう?

会社の制度や価値観が嫌ならやめちゃえば良いのにって思うけどそれさえも出来ないでゴチャゴチャ言ってる。

まぁ言うのは自由なんだけど周りからすると共感している人も含めて「馬鹿なのか?」とさえ感じるわけです。

だってその会社はお前のものじゃないし・・・社長の好きにさせてあげれば良いじゃん、その会社が良くて入ったのはお前だろ?って感じ。

グタグタ言っても徒労に終わる

そんなわけで、愚痴を言いたい気持ちもわかるけど今ある制度を変えたいなら自分が変われば良いんですよ。

会社に直談判して制度を変える方法を模索するとか、組合を作るとか、起業してみるとか、なんの行動もしないでグタグタ言ってても徒労に終わるだけでピーチクパーチク言ってる子供と変わらないですよ。

こういう人って変化は求めても自分への痛みが怖いので行動が起こせないだけなんですよね。

今回のネタの出所は会社の若い子の意見

今回はたまたま夜間工事時の給料体系に異論があった若い子が会社に対して意見を言いにきたことがネタになった。

例えば昼間普通に仕事をして21時から違う現場で仕事を24時までやって帰ってきたら1日分の給料を出すのか、それとも残業代とするのか?

こういう問題ですよ、意見を言う側にしてみれば自分達の権利とか利益が優先なので都合の良いことを優先してくるわけです。

21時から24時でも現場が違うから1日は1日じゃないのか?夜間数時間でも会社は一日分の作業費を貰っているじゃないか、その作業費をよこせ、と主張するわけです。

会社としてはわかりました良いですよ、じゃー1日分支給しますね但し支給する以上8時間の勤務はしてくださいね、夜間誰も会社にいないので今後はタイムカードを導入しますので作業時間と共に作業日報を提出して下さい、よろしくお願いします。

と言うと「それは話が違う」となるわけですよ(笑)24時に終わって帰ってきたらそのまま帰りたいと言うわけで、それはさすがにワガママじゃないですかね?となるわけです。

なので人によっては残業代のほうが助かると言う人もいるし、人によっては1日分の給料としたほうが助かると言う人もいるわけです。

若いと言っても30代前半です、この話をしたときに価値観の違いがハッキリと見えたわけです。

こちらが良かれと思っていても意見を言う人にとっては違うわけです。

その価値観の違いはおっちゃん世代(正確には社長や俺)では通らないこと、でも30代前半の若者には通ること、じゃー30代後半ではどうかと言うと通らないこと、ん??同じ30代でも通る通らないがあるんですね~

で、20代になるとそもそも夜間工事自体が無し!!と言う意見ですわっ、これはさすがに無理やろ、仕事の半分は夜間工事が普通の業界なんだからさw

と言うことで個人の価値観というやつは本当に都合の良い部分だけがアップされていると感じたわけです。

んで酒の席などで愚痴を言う人が多い中で良いか悪いかは別にしてキチンと意見を言いに来たこの若い子ってのは凄いと思うんですよ、ちゃんと自分の意見を言うって中々出来ないことだからね。

意見の内容にもよるけど愚痴言ってるよりもよほど前向きな行動だと思うし俺は好き。

おっチャン的てきとうなマトメ

どう考えても会社がおかしいとか、個人がおかしいなんて話は何処にでもあるけどそれは自分が思うだけで他の人は意外と感じていないかも知れません。

会社や社会に愚痴を言ったところでなんも変わらんし無駄なエネルギーを消耗するだけ、それでも自分の価値観を通したいなら行動しないと何も始まらないよって話。

「自分の価値観を通したいなら行動せよ出来ないなら黙ってろ」

良いか悪いかは別にしてコレが俺の価値観です。

 - ブログ雑記 , ,