将来のネットはSEOなんて意味の無い世界になるのか?

      2016/03/22

SEOいらない

先日このような記事を読んだ

検索からものを買わない時代がやってきている!?

こちらの冒頭に書かれている内容を読んでいて、ある事を想像してみたよ。

ここからは妄想の世界です、「市や区や県が本気を出したらSEOなんて意味が無くなる世界?」

現状ネットで買い物をしようと思うと高額な端末が必要だったり、ネットの契約、他にメルアドが必要だったり面倒な個人情報の記入などがあったりとインターネットを使わない人にはそれこそ高い高い壁が存在している。

この部分が面倒であまり買い物をしない人も多いはずだし、検索するのが面倒だったりする。

実はおっちゃんもメンドクサイのである。

だから超簡単にお買い物が出来るシステムが必要

例えば、「あっお米買い忘れた」⇒タップ⇒配達とか

「あっ、トイレットペーパー無い」⇒タップ⇒配達とか

「赤いワンピース欲しい」⇒選んでタップ⇒配達とか

もし、市や区や県が本気(投資)を出して全世帯に各家庭専用で、お買い物専用タブレット端末を用意し、通信料から何まで完全に無料化、それでいて個人情報などに関わる全ての煩わしい作業が無い状態の物を配布して、生活に関わる全ての買い物が2タップぐらいで完了するシステムを作りあげたら、楽天もアマゾンも検索エンジンも果てはSEOすらもいらなくなるんじゃないかと思ったよ。

前提としてPCの知識、ネットの知識はいらない状態、よってSEOなんて必要無し

メールって何?って人でも使える端末、テレビの通販番組見て欲しい~ってのと同じ感覚ですよ、タブレット型端末で必要な商品や、欲しい商品をタップしたら誰かが配達してくれる。
買い物先は地元の商店街に設定して活性化する

タブレット端末などで買える商品は全て地元の商店街で賄える物を集めてしまう。

ネットで買い物をしない層の人達は地元で日々の買い物をしている人だから、そんな人達がこぞってネットでお買い物をする時代ってのが来るのかな?

簡素化がカギを握ると妄想する

使ってもらうことによるメリットはお金が一斉に動き出すって事なんだろうね。

試しに千葉県松戸市の世帯数を調べてみると220000世帯として、1日1世帯が500円使った場合、1億1000万のお金が一斉に動くわけだ。

30日で33億のお金が動く、12ヶ月で396億のお金が・・・ 1日500円のお買い物でこれだもん一体どうなるのやら・・

もちろん、無料で端末を各家庭に割り振ったりする作業や、受け入れ側の準備の投資がもの凄いことになるんだろうけど、そこは妄想の話だからw

誰でも簡単に使える端末を用意して、無料で配布する(通信料も)知識なんて無くて欲しい物をタップしたら即配達。

これぐらい簡素化すれば誰でも気軽に使えることになる。

おっチャン的まとめ

妄想だけで書いていても楽しかった、まだまだネットを使ったお買い物も沢山の壁がある。

県や市が本気で投資をすれば、お買い物に限っては検索エンジンもアマゾンも楽天も必要なくなる、全ての店舗が検索に頼る必要の無い状態なのでSEOなんて全く意味の無い世界になりそうだ。

昔あったドコモのiモード(今でもあるのか??)の地域版みたいな物が出来上がるとどうなるんだろう?

おっちゃんの妄想が近い未来に来るのかどうか楽しみだ。

読んでくれてありがとう

ツイッターフォローしてくれるとおっちゃん喜ぶよ^^


ダレデキブログを購読してくれるとおっちゃんが喜ぶよ^^

follow us in feedly

 - ブログ雑記