茨城の新ブランド「最下位」って売れそう

      2016/03/14

ibaraki1

良くも悪くも都道府県魅力度ランキングで、今年も最下位になった茨城県、そのお隣の千葉県に住むおっちゃんです。

千葉県は18位でしたっけ?予想より良い事に気が付きました。

茨城県の公式サイトもおもしろい企画を打ち出していて見ていて楽しいです、上の画像で少し時間が経つと、画面が変わり、茨城の素晴らしさをユーモアを交えて紹介しています。

ibaraki

普段お堅いイメージしかありませんから、これぐらい砕けた事も出来るんだと驚きました、とくに「47位の県?上等でございます」って普通に良い感じですw、堅ければよいってもんじゃありません。

茨城県が何故魅力(最下位)の無い県に感じてしまうのかを個人的な考えで考察してみた

関東にいながらにして都心から遠い

41位栃木県、44位群馬県、45位埼玉県も同じような理由ではないか?

関東の中でも話し方に特徴がある(方言)

もちろん他の県にも方言はあるが茨城は独特な雰囲気がする

中途半端な位置関係

地図を見て、東京よりも右側(千葉や茨城)に住む人、東京よりも左側(神奈川方面)に住む人では行動が大きく変わる、それは都心環状線(渋滞)を超えてまで行きたい場所があるかどうかで決める。

右に住む方は東京や神奈川に行く理由が沢山あるのです、でも左側に住む方達には、千葉を超えて茨城に行きたい理由が無いと思います、だって千葉で事足りるし、アクアラインあるから房総行けるし・・・と言うのは昔町田市に住んでいたからわかるのです。

昔からヤンキーな雰囲気

これはもう、個人的な意見ですw

「ぐんたまちばらぎ」と揶揄されている

ぐんま、さいたま、ちば、いばらぎ、とちぎ・・・千葉入ってるし・・・

観光地がしょぼい・・・かもしれない・・

偕楽園の梅も牛久の大仏も公式サイトに書いてあることは体験しているが、2度行こうとは思わないレベル。

茨城県

と書いて、「いばらきけん」と読むが、僕は今だに「いばらけん」と発音する。

と、あまり書くと怒られそうだけど感じるままに書いてみた。

次は茨城の好きな所を紹介してみる

高校2年からの2年間、藤代町に住んでいたので違和感が無い

バス釣りに目覚めたのは牛久沼だから今だに釣りの起源は牛久沼だ

霞ヶ浦、北浦は釣りのメッカで今でも年数回通う

奥さんの実家が茨城なので年に数回帰ります

弟がひたちなか市に住んでいる

ひたち海浜公園のコキアを毎年秋に見に行く

高速道路の中で常磐道はめっちゃ空いているイメージがあって好き

やっぱり水戸の納豆は美味い

水戸に住むお年寄りが南へ引っ越しする相手に「都落ちするんだ」と言う風情が好き

年に数回小貝川へ釣りに行く

とこのぐらいです。

あっ、観光地が「ひたち海浜公園」しか出てきませんでした・・

隣の県に住む者がこの程度ですから、やっぱり知られていない事って多いんでしょうね。

個人的には良くも悪くも名前が売れると言うことは名誉だと思っています。

中途半端に宣伝して順位を10個ぐらいあげたら「ただの県」になってしまうようで、最下位でブランドを構築しちゃったほうが商業的にも活性化しそうだと思いますがいかがでしょうか?

今なら「魅力度最下位」って言うブランドの名産品を作れば笑いで売れそうですけど・・・・

 - ブログ雑記 , ,