運営ブログに広告掲載の依頼が来た時に考えた事と気づいた事

      2015/08/27

広告掲載の問い合わせ

photo credit: DSC00758 via photopin (license)

メール確認をいつものように行うと問い合わせメールが入っていた、仕事系ブログからの問い合わせだと思い開くとあらら、初めてブログへの広告掲載のお願いがやってきました。

運営ブログに広告掲載の問い合わせが来る前に広告掲載についての記事は書いておくと良いかも

問い合わせが来た特化型ブログの現在

このブログはとある1つの製作物をDIY仕事で素人でも簡単に作れまっせ~~安く作れまっせ~~、業者に頼む必要無いでっせ~~高いですよとお知らせするブログ。

プロに頼むと5万~15万ぐらい掛かるものをDIYで作ると1万円ぐらいになる設計図を書いてあげたり、安く作る方法を教えたり、DIYの素人用、中級者用、上級者用に分けて解説している運営2年で40記事しか入っていない放置に近いブログ。

幸い、狙ったキーワードで1位を取っていますがいかんせんニッチ過ぎるのでアクセスはめちゃ少ない。

アドセンスは1PV=ほぼ1円に近くほったらかしでこれぐらい稼げれば良し、他には細々とアフィリが入っているが案件そのものが無いw

そんなブログに広告掲載の依頼ですわ、こちらとしては嬉しいだけでとくに考えてなかったんだけど本当に良いのか?

と少し考えました。

実際に来た問い合わせ内容

問い合わせメール内容

問い合わせ自体は嬉しいんです、嬉しいんですが果たしてどうなんだろと考えてしまいます。

メールの内容をちゃんと読むとトップページでは無く個別記事だけに掲載希望らしい。

まぁ俺がターゲットにしている層を相手にして商売するならこの個別記事以外無いだろうと思うわけで気持ちはわかる。

広告掲載についての記事を書いたほうが良いかもしれない

ここでふと以前に読んだ記憶に残っている記事を思い出した。

今日もボクはいい加減の記事で広告募集についての記事だ、あぁやっぱり何かに特化したブログとか今後のことを考えたらこうした広告掲載についての記事って作っておくことって大事だな~と思うわけです。

何故ならいきなり問い合わせが来ても何も準備していないし、対応をどうしたら良いのかがわからないのですよ。

少なくとも記事を書く以上考えないといけないわけで、そうなると多少なりとも自分の考えをまとめることは出来るはずだし、問い合わせが来たときにアタフタしないで済む。

金額も大事だけど掲載期間も大事

もちろん金額は多ければ多いほど嬉しいし、その期間が長ければ長いほうが嬉しいに決まっているけど今回は話を聞くうちに色々な問題があがってきたのでお断りしました。

内容としては一度の支払いで無期限での広告掲載が希望だったらしいです。

超絶貧乏人にしてみれば数千円でも入る収入があるのは嬉しいけど一度きりの収入で自分の記事が他人様の利益になるのが嫌だし、アドセンスへのクリック率が下がる可能性がおおいにあるんですよね。

また出口がその広告になっちゃうとPVが減るかも知れないし、ただでさえほとんど人来ないしねw

おっチャン的適当なまとめ

もしかしたらある特定の記事に広告掲載の依頼があるかもしれません、そう考えると広告掲載についての記事はやっぱり書いておいたほうが今後自分の為にもなると感じました。

また無駄に悩む必要もなくなるかも知れませんよ。

依頼側もそういった記事を読む可能性が高いので話がスムーズに進みますしね。

一日に100人前後ぐらいしかこないブログにも可能性はあるわけで、一度考えてみてはいかがでしょうか?

(追記)こんな広告募集記事もありました⇒【広告主募集中】ラジオねこきっくのヘッダー画像にあなたの広告を載せませんか? | ラジオねこきっく

ブログのヘッダーに広告を貼り付ける発想はなかった。

 - ブログ雑記 , ,